人気ブログランキング |
<   2018年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
今どきの鉄道ふぁん
時折ユーチューブで前面展望なる動画を見たりしますが
あなたにおすすめみたいなリンクをたどっているうちに
「罵声大会」シリーズに出くわしました。
いわゆるさよなら列車とか、特別運転とか、
ホームや線路わきにに群がる鉄道ファンの
いざこざを動画にして上げているわけですけれど
「フラッシュ炊くな」とか「下がれっ、画面に入るちゅうねん!」とか
挙句の果てにはお目当ての列車の手前の線路を通常運転している列車に対して
「被るなっボケっ」みたいな((+_+))、自分勝手も甚だしい。
蒸気機関車の末期の頃も似たようなものでしたが、まだ秩序はあったように思います。
ぼくは線路脇のそんな喧騒が嫌で、蒸気機関車の終焉を見ずにやめてしまいました。
今となっては、一歩下がってずっと続けていればよかったのにとつくづく思います。


e0019563_13381572.jpg
時々、思い出したように、鉄道ファンをやっています。





by mypac | 2018-07-27 13:38 | 鉄道写真 | Comments(0)
色鉛筆だけど
秋、夏、春と描いてきましたので、冬も描いておかねばと
ピックアップしたのが今日の一枚です。

描き始めてから何度もこれはやめようと思いました。
中景の林の残雪、近景の針葉樹のか細い線
自分の力量では描けそうにないなあと
仕事ではないから投げ出してもいいんですけれど
なぜか、くしゃくしゃと丸めてポイ、が出来なくて
捨てられない性格がこんなところにも表れるぅ、んっ、もうっ。
結果的に針葉樹の林はNゲージの安いパッケージ品を並べたみたい((+_+))
ひたすら植樹して、植樹して、・・・・んんーn&%$もういいか、完成!

色鉛筆画だけど使ったのはミリペンと黒とネズミ色の鉛筆だけですから
「色」はありません(*^^)v

e0019563_09015622.jpg







by mypac | 2018-07-24 09:02 | お絵描き | Comments(0)
馬堀惜別の春
梅小路機関区所属のC57が大好きで
山陰本線京都園部間には数えきれないくらい通い詰めました。
特にこの馬堀あたりは四季折々に郷愁漂う風景が心に染みて
大阪から摂丹街道をバイクで一直線(気持ちは)
ほれた彼女の元へ日参しておりました。

昭和46年の春、この愛しきC57たちと惜別の時がやってきました。
今回の塗り絵の元ネタは今生の別れの2日前のものです。
と、説明しないと
タイトル「馬堀惜別の春」が意味不明だと思います(^^;)

e0019563_19242071.jpg
今回は家並を出来るだけ忠実に描くことをテーマにしました。
特に、甍の幾何学的パターンの模写と表現をどうするかと考えて
下書きにインクペンを使いました。

e0019563_19243066.jpg
フリーハンドの線と定規を使った線が混在すると画調に統一性がなくなるので
明らかに直線のものもすべてフリーハンドで描きました。
なんともへたくそな線だなあと思いながら・・・
結果的にはガーター橋と客車だけは定規を使うべきだったかなあ
と思っています。

相変わらず、しくじりも多くて
ところどころ光源の位置と半逆光の表現がうまくできていないこととか
もうええか的な着陸は、ホントに現役のころの図面を終わらせる時の
感覚と同じで、これは一生治らないモノかと思います。(^^♪













by mypac | 2018-07-19 19:47 | お絵描き | Comments(0)
由良川鉄橋の夏
雲を描いてみようと思い立って描き始めたと
途中経過を前回の投稿で紹介しました。
その雲は、わかりやすく入道雲をチョイスしたのですが
元ネタがあるわけではなくて、こんな感じかなあと描きました。

e0019563_13050985.jpg
入道雲と青空はほぼ一日で描き上げましたけれど
単色を均一に塗るのはとても難しい。
単色と言ってもこれでも2種類のブルーを使っています。
天頂は濃く、太陽に近い付近は淡くという意識をしているのですが
塗りこむことでどんどんムラが出てきます。
PCに取り込んで、コントラストを上げると悲惨
なんというか、苦労が報われないというか((+_+))

列車は目一杯細部を注意して描き込みました。
今回はシルエットのベタ塗なのでだいたい狙い通り描けました。(^^♪









by mypac | 2018-07-16 13:41 | お絵描き | Comments(0)
力量とのバランス
先日の記事で「雲を描きたい」と書きました。
しかし考えてみると
きれいな雲を見て写真を撮ることはあっても
いざ考えてみると、雲ってどんな形なんだろうと思います。
自分の記憶とイメージを頼りにして・・・
今回は入道雲を描いてみようと取り掛かりました。
ま、ご時世ですからネットの画像も参考にして(^_^;)

相当前のTVでみたんですけど
宮大工の棟梁が眼の前の作業に没頭している若い大工さんに対して
「全体の流れを掴んでチカラの配分をしなさい」と諭しておりました。


e0019563_18255055.jpg
下書きはバッチリ、SLと鉄橋の主役以外はほぼ塗り終わりました。
光線状態は、得意の逆光で元の写真はシルエットの黒ベタです・・・が
わずかに見えるガーター橋のチャンネル材の縦線を表現するか
黒ベタで塗りつぶすか迷っています。
あの棟梁の声が聞こえてきそうです。



by mypac | 2018-07-14 18:35 | お絵描き | Comments(0)
晩秋の加太越え
天城越え♪って名曲がありますけれど(^^♪
「加太越え」って言葉がが通用するのは
かなり古い鉄道ファンくらいでしょうね。

昨日、クールピックスP1000のニュースに触れて
速報的に記事を投稿したものですから
こつこつやっています色鉛筆画の「晩秋の加太越え」を
ここに出すタイミングが一日ずれました。

e0019563_16165919.jpg
今回も思い通りには描けなかったなあと反省しつつ
スキャンしてPCで調整というか濃度を上げてみると
空の青が濃いすぎます((+_+))やっぱりなあ~
しかも、なんで水筆を縦に運んだんだろう、塗り斑がダメダメ。
水筆で定着させてしまったので本来消せないのですけれど
根性でゴシゴシしてみると、
おょょ
意外と淡い空色の残り方がいいんじゃないですか。!(^^)!
これって、怪我の功名?それともテクニック?(^_-)-☆

へたっぴでも続けているとpixivに投稿すると短時間で
いいね!とブックマークのカウントが上がるようになりました。
素直にうれしい、次は何を描こうかと励みになります。

ちゃんと、狙って雲を描きたい。
そんな意識がずーっとあって、難しいかなあ。













by mypac | 2018-07-12 17:07 | お絵描き | Comments(0)
NIKONクールピックスP1000 キターーーーーー
本当に来ましたねえ
NIKONクールピックスP1000!!
以前から噂されていた3000㎜ですよ、まじっすかヽ(^o^)丿

e0019563_12512781.png
スマホのカメラ機能が半端なく高性能になって
市場からコンデジを駆逐してしまった現状ですから
カメラ業界は豆粒センサーから撤退かと思っておりました。
P1000もDLシリーズと同じ轍かと危惧しておりましたけれど
流石はニコン、あんたはえらい!!

FZ300に決めるに際して対抗馬だったP900の発展的後継機
今度はファインダーも性能アップしたようなので、とても興味があります
問題は、サイズと価格ですけれど
もちろんコンデジではないとは思います。

追記
幅146.3×高118.8×奥181.3 重量1.42㎏
だそうです 、巨大・・・です。















by mypac | 2018-07-11 13:18 | カメラの話 | Comments(0)
最近Eマウントが騒がしい
つい先日、Eマウントの本家で400mmf2.8が発表されて
びっくりしたばかりなのに、いやあのぉ違う世界の話なので
びっくりというよりは、へぇーというか、なんかすごいことのようだけど・・・みたいな!(^^)!

今度はシグマから2本のf1.8フルサイズ単焦点レンズが発表されました。
中でも14mmf1.8はちょっと興味がある(うそぴょーん)
メーカーサイトのレンズ構成図を見てびっくり、なんかすごい事のようです!(^^)!


e0019563_16404558.jpg

e0019563_16460848.gif

タムロンもトキナーも参入してきましたし、最近Eマウントがにぎやかで
一応Eマウントのボディを保有している身としては結構なことではありますけれど
どどんどん遠くなっていくなあという感覚が、さらに加速しています。

雨の七夕にふと感じる、会えそうにないなあという思い











by mypac | 2018-07-07 16:44 | カメラの話 | Comments(0)
ウオッシュレットの交換
トイレの床が濡れていることに気づいたのは昨夜でした。
ちょうど豪雨の最中だったので、壁のクラックからか、はたまた屋根が傷んだのかと、
壁の内側を伝っての雨漏りと早合点して慌てて3Fの天井とか窓枠とかを点検したけれど異常なし、
少し落ち着いて水たまりをたどってゆくと
ウオッシュレット便座の配管からポタポタ水漏れが発生しています!
屋根でなくてよかった(^_^;)
パッキンを交換すれば直りそうだと思ったけれど
よーく観察すると、配管の接合部より更に少し上の
便座に組み込まれた部材から漏っています。
これは素人では無理そう(-_-;)
以前に同じトイレだけれど別件で修理業者にボラれているので
さあて、どうしたもんでしょう、TOTOの純正サービスに頼みますか
調べてみると1万5千円以上は確実みたいです。
とりあえず一晩は水漏れ部に受け皿を置いて、その都度元栓を
マイナスドライバー開閉すると言う不自由で過ごし寝ながら考えました。
考えると、買い替えたほうがいいんじゃないかと(*_*)

動画とかのネット情報を見てみると結構簡単そうだと。


e0019563_22383147.jpg

コーナンで買ってきました、修理費+少しの追い金で新品です。
同じTOTOなら配管を一箇所つなぐだけ・・・のハズ
が、・・・大間違い。
元の配管が施工業者のオリジナルみたいでワンタッチ継ぎ手が仕込まれていて
結局T字管からの交換、それもT字管の出口が逆!ナンテコッタイ
狭いトイレで締め付けがうまく行かず、しっかり締まりません。
誰かココ持っててぇえ、と叫びたい、トホホ
悪戦苦闘すること2時間、とりあえず、結果的に水漏れは止まりましたけれど。
腰が痛いし、頚椎ヘルニアがうずくし
ん、もう!





by mypac | 2018-07-06 22:38 | よもやま話 | Comments(0)
ペン画に挑戦
インクペンを買ったからには一度は描いてみなくちゃと
ちょっと描き方を調べてみると
まずデッサンから・・・ときましたか(^_^;)
こちとら、ライトボックスでトレースですからデッサンはパス。(-_-;)
青春の遺物から色鉛筆画のネタを物色している時に
これはペン画でしょうと思っていた題材に挑戦しました。

e0019563_18215318.jpg
ちら見したサイトにクロスハッチングなる技法が印象に残っていまして
基本もやらないまま、いきなりそれをやってみました(^_^;)
たしかに良さげだけれど、しかしこれで全体をやるのは無理!
例によって頭の中でこんな風に描きたいと思うイメージと
技量と気力のバランスが悪すぎて、だんだんタッチが雑になり
最後はいつも、こんなもんでもういいということにしよう(^_^;)









by mypac | 2018-07-05 18:33 | お絵描き | Comments(0)