人気ブログランキング |
<   2018年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
HELLO-2020-JET
望遠レンズと言えばやっぱりここでしょう。
大阪空港着陸コース直下千里川堤

チャリンコ通勤をしていた元の勤務先を通り越して5分
近すぎてあまり撮りに行っていないのですが
遠くからもマニアさんが集まるスポットです。
コンデジで撮っている人はまずいません(^_^;)
この日は春霞のせいか着陸誘導灯が点いていました。


e0019563_23190210.jpg
FZ300  記録サイズS   焦点距離250mm相当です



e0019563_23191857.jpg
FZ300   記録サイズS    600mm相当です



e0019563_23192776.jpg
FZ300    記録サイズS    1172mm相当です


JA741A ボーイング777 HELLO 2020 JET 
豊満なHIPを見せて霞の彼方へ飛び上がってゆきました。









by mypac | 2018-03-31 23:25 | Comments(0)
FZ300 これでいいんだと思う
春は桜、何処かで撮っておかねば。

それなら神戸線の沿線にいるのだから「夙川」
たまには電車に乗って出かけよう。
お供のカメラはFZ300、これ一台。
コンパクトなNEX6すら持って出ない。
そんな潔い選択ができるほどにFZ300は使っていて心地よい。
軽快なブラパチ感がたまらない、望遠切取りが面白い。
これはホントにドクターイエローの贈り物かも知れない。

e0019563_18504464.jpg

e0019563_18511667.jpg
ドクターイエローに感謝
鉄ちゃん魂健在です



e0019563_18530472.jpg
切り取りスナップも撮りました



e0019563_18582718.jpg
もちろん夙川の定番ショットもオサエておきました


ちょっとそこまで、お気軽撮影
ほんと楽ちんです。
RX10M4まで頑張らなくてもいいかな、コイツで、
なんか愛着みたいな感じが湧いてきました。




by mypac | 2018-03-30 19:36 | カメラの話 | Comments(0)
FZ300で夕日を幻想的に撮る
FZ300には(パナのデジカメには)シーンガイドというのがありまして
いわゆるおまかせモードなんですけれど他社と違って良いところは
露出補正を自由にかけることが出来ます。
これは「夕日を幻想的に撮る」です
実際は朝日ですけどね


e0019563_19374085.jpg
ついいつものクセで露出アンダーに撮ってしまうのですが
PSエレメントで補正するとちょっと明るくしたりしただけで
トーンジャンプしてグラデーションのステップが出来てしまいがちです。
今回はFZ300付属ソフトのシルキーピックス(パナ限定版)で補正しました。
JPEGでもRAWに近い補正ができるとのことです。



e0019563_19452950.jpg
三脚に載せたNEX6はマイナス1.7露出補正しています。
これを撮っているのはFZ300で手ぶれ補正が強力でもっと暗くても平気です。
90mm相当f2.8です。
主要被写体とバックの距離が十分取れるとボケのコントロールも楽です。
意外とキレイなボケ具合です。
下のカットの太陽もちゃんと撮れてますし(^_^;)
いいんじゃないですかこのレンズ。



e0019563_19585800.jpg
これは「夕焼けを印象的に撮る」です、朝ですけど。
撮って出し縮小のみです。

今日の3枚も全て記録サイズS(3M)です。
これでいいかと思いながら、やっぱり釈然としないので
価格コムのサイトで識者の方に質問(相談)してみました。
事の発端の阪急電車の記事の件はスッキリしました。
記録サイズの方は流石に「Sはないんじゃないか」と
ですよねぇ、悩ましいことです(^_^;)












by mypac | 2018-03-29 20:08 | カメラの話 | Comments(0)
FZ300 テレコン装着
トリミング耐性が低い1/2.3センサーコンデジですから
小さな野鳥相手では1200mmくらいの望遠が欲しいところです
FZ300は最大望遠が600mmなので倍率が不足しますが
最近では珍しいオプションのテレコンが使える機種です
手持ちのテレコンは1.7倍なのでズーム最大で約1000mm相当(記録サイズL)となります
EXズームを使った記録サイズSの場合はなんと約2000mm相当です
フロントコンバーターなので開放f値は2.8のままというのがメリットです   (注)追記有
しかしながら一眼レフのレンズ交換とは雲泥の差のねじ込みですから
テレコンの付けたり外したりはとても邪魔くさくて
さらにテレコン本体とアダプターリングとつないだ状態で
200mmレンズくらいの嵩がありますので持ち出すのは勇気?がいります


e0019563_18424368.jpg
追加で買ったオプションは互換バッテリー(シグマ)と今回使用するテレコン用のアダプターです。



e0019563_18442591.jpg
テレコンを装着した状態です。
相当イカツイことになります、アダプターに三脚座が欲しいと思います。
フードはトキナー80-400mmズームのものです
フードの取り付けバヨネットはテレコンに合わせて削ってしまったので
もう本来のレンズには使えません(-.-)



e0019563_18512122.jpg
FZ300の望遠端600mmです   iso100   f4.0    SS1/1600


e0019563_18534128.jpg
テレコン使用     撮影データーはssが1/800です
分割測光ですが、左下の白い泡の有無が影響していると思われますが
若干露出オーバーです
それに連れてなのかテレコンの素性なのかコントラストが落ちてやや浅い画像です

e0019563_18552040.jpg
テレコンなし    記録サイズS(3M)のEXズーム(クロップズーム)で1172mm相当です



e0019563_18584417.jpg
テレコン使用EXズーム最大で約2000mm望遠です(^o^)
いきなりアオサギの飛翔が撮れました
コントラストが低いのでソフトで補正しています。
フォーカスはAF-Sで簡単に合焦しました
というか距離が遠いとピントが深いのでアバウトであっているのかも知れません


e0019563_21385687.jpg
テレコンを使った場合のボケを見てみました
明度とコントラストを調整しています
カクカクした形でちょっとうるさい感じです
外側が明るいリング状でキレイなボケとは程遠いですが
これは本体レンズの素性と思われます
テレコンによくある色収差は目立ちませんがカメラ内部で処置しているのかも、
ちなみに、テレコンは伝説のB300です。

テレコンを使ってみたハンドリングは
手持ち撮影では左手でアダプターあたりを支えることになり
マウントサイドのツマミは指が届きません
右手のグリップで全重量を持ち替える感じで操作することになります
手持ち撮影自体は可能で手ぶれ補正も効いているようですが   (注)追記有
1000mm相当くらいになると照準を合わせる続けるのが困難です
壁にもたれるとかぐらいでは不十分でアダプターにタオルでも巻いて
塀とか木の枝とかに置く(重心を預ける)のがベター。    (注)追記有

テレコンを持って出るかどうかでバッグが倍くらい大きくなります
P900で良かったんじゃないかと(^_^;)
しかしこちらは1000mm~2000mm/f2.8ってのが自慢(^_^;)

20190215追記
純正およびオリンパスの1.7×テレコンはテレコンの後玉径が
FZ300レンズの前玉径より小さいのでf2.8ではわずかに隅に光量落ちが見られます
メニュー設定でテレコン使用にすることで絞りはf4.0~f8.0に制限されます
なおかつ手振れ補正が1.7×に対応した補正になります
素のレンズでも実写テストでf2.8と比べてf4.0のほうが解像力がよいことを
確認していますので「テレコン使用」設定をお勧めします
ただ残念ながら最短距離が5.5mになってしまいますので望遠マクロ的には使えません

手振れ補正に関して
上の本文で木の枝などに重心を置いた方がよいと書きましたが
ほぼ置いた状態(三脚に付けるのに近い状態)の場合手振れ補正が誤作動します
手持ち撮影の手振れと判断する閾値があるようで
経験則ですが下から掌で少し支えると補正してくれるようです















by mypac | 2018-03-28 19:04 | カメラの話 | Comments(0)
FZ300 広角域のisoと絞り値参考画像
FZ300の広角端25mmと50mmの試写です

e0019563_20004093.jpg
広角端25mmの実写画像ノートリミングノーレタッチ縮小のみです  iso200-f2.8  記録サイズL(12M)


e0019563_20034946.jpg
中央部の等倍画像です
左から f2.8 f4.0 f5.6 f8.0



e0019563_20054072.jpg
中央部の等倍画像 絞りはf4.0です
isoの違いを比べています 
左から iso100 400 1600 6400(6400のみf8.0です)




e0019563_20095761.jpg
記録サイズS(3M) 絞りf4.0の中央部等倍画像です
広角端25mmの画像ですが記録画素数が違うため
等倍画像はL(12M)の2倍相当です
左から iso100 400 1600 6400(6400のみf8.0です)



e0019563_20140656.jpg
標準域50mmの実写画像ノートリミングノーレタッチ縮小のみです  iso200-f2.8  記録サイズL(12M)


e0019563_20150672.jpg
中央部の等倍画像です
左から f2.8 f4.0 f5.6 f8.0


一番上の25mm全体画像は縮小画像にもかかわらず右辺が
片ボケしているのがわかります(´・ω・`)
f4.0に絞るとかなり改善します
片ボケがなければf2.8開放から使えるのですが
わかった以上はなるべくf4.0で使いたいですね。
望遠側の結果と同様にf8.0は画質が落ちます

標準域の50mmは片ボケも気になるほどでなくf2.8f4.0の差もあまりありません

isoは400までは常用、1600は等倍で見る限りかなりつらい感じですが
豆粒センサーの等倍画像をほじくっても大して意味がありません。
まあこんなもんかあ、豆粒センサーとしては頑張ってるやん・・・

記録サイズS(3M)は望遠側の結果と同じで
十分精細感があり、現在ほとんどS(3M)で撮っています。
実のところはいまでも釈然としてないんですけど(^_^;)

いよいよ桜が咲きました
下は本日撮影の民家集落です
これも記録サイズS(3M)です
BLOGサイズに縮小するのがもったいない
FHDで切り取ってもお釣りが来るような画質です。
少しは褒めておかないとFZ300がへそを曲げそうで・・・

e0019563_23311155.jpg















by mypac | 2018-03-27 20:36 | カメラの話 | Comments(0)
FZ300 サイズS(3M)記録実践編
FZ300は1200万画素という他機と比べて控えめな画素数が
自分としては好感度大だったのですが
試写した結果は、残念ながら実力は300万画素機なんだと結論を出す事になってしまいました。
ただ、トリミング耐性と言う面で記録サイズL(12M)も有用性はあり被写体によって
状況判断するとして、ともかく記録サイズS(3M)を実践することにします。

当初はEXズームが2割ほど伸びるので光学望遠端720mmとして使うべく
記録サイズM(8M)での運用を予定しておりましたが
テスト撮影してみて記録サイズM(8M)は絶対使わないと誓います?

e0019563_21154151.jpg
何度もUPしているおなじみのルリビタキですけれど
今までのAPS-Cカメラと比べてバックのボケは全く違います。(汚いです)
クラスの違う単焦点レンズと比べてどうするのってことですけど・・・つい。
今日はFZ300だけで出動しましたので
エナジーは段違いに省エネですけどね(^_^;)





e0019563_21215895.jpg
豆粒センサーに厳しい逆光テストです
僕の愛用コンデジZR1600は赤い大玉が悲しいくらいひどいです
ネットに上がっているFZ85も結構派手なフレアが出ていますけれど
これは一応、ライカ認証を名乗っているだけのことはある・・・ということにしておきましょうか。


e0019563_22355549.jpg
写真の題材としては綺麗モノではありませんが
解像度の判断に蜘蛛の糸です



e0019563_21291697.jpg
パナのデジカメにはフィルター効果がたくさん搭載されています
残念ながらNEX6でよく使っている水彩画風とか絵画調とかがないのが残念ですけど、
今回はクロススクリーンを使ってみました。
光芒の数や強弱、光芒の角度など細かく設定できるのが面白いと思いました。


今日の画像は全て記録サイズS(3M)です。
ノートリミングノーレタッチ縮小のみです











by mypac | 2018-03-26 21:37 | カメラの話 | Comments(0)
FZ300 記録サイズはホントにS(3M)でいいのか
自分で言い出した、いやそのぉ導き出した解がS(3M)なんだけど
FZ300 記録サイズはホントにS(3M)でいいのか
何か間違っているんではないか
間違いであって欲しい気もする


e0019563_19415524.jpg
e0019563_19422204.jpg
iso400    f3.5    ss1/320
2枚ともノートリミング縮小のみです
上が記録サイズS(3M) 下が記録サイズL(12M)
ブログサイズでは全然区別が付きません
元画像でもファイル情報を確かめないと分からないです。



e0019563_19444400.jpg
e0019563_19450952.jpg
iso800    f3.5    ss1/500
上の画像が記録サイズS(3M)等倍切り出し(1000✕750にトリミング)
下の画像が記録サイズL(12M)をSと同じ画角相当でトリミング
撮影データーは同じです

さすがに記録サイズS(3M)からのトリミングはきついか(-.-)
ということですけれどコールド負けみたいな差はないよなという印象です。

しかししかし
夕方の日陰という悪条件でここまで撮れるなら良しとしましょう

















by mypac | 2018-03-26 09:40 | カメラの話 | Comments(0)
FZ300 記録サイズの検討
昨日の続きです
たかだか1/2.3センサーのコンデジで画質をどうのこうの
声高に言うつもりではありませんが自分の機材を使う上で
能力を掴んでおくのは無駄ではないと思います。

望遠端(レンズの実焦点距離108mm)での記録サイズと絞りの選択を見てみます
等倍切り出し画像でのサイズを揃えています
そのため換算焦点距離は変動しています

e0019563_11023043.jpg
L(12M)4000✕3000   換算600mm  iso100  f2.8


e0019563_11031571.jpg
L(12M)4000✕3000   換算600mm  iso100   中央部を等倍切り出し
絞りは 左から f2.8,f4.0,f5.6,f8.0


e0019563_11074068.jpg
M(8M)3264✕2448   換算720mm  iso100  f2.8



e0019563_11095869.jpg
M(8M)3264✕2448   換算720mm  iso100  中央部等倍切り出し画像
絞りは 左から f2.8,f4.0,f5.6,f8.0




e0019563_11103131.jpg
S(3M)2048✕1536   換算1114mm  iso100  f2.8





e0019563_11110120.jpg
S(3M)2048✕1536   換算1114mm  iso100  中央部等倍切り出し
絞りは 左から f2.8,f4.0,f5.6,f8.0




e0019563_11473051.jpg
S(3M)2048✕1536   換算600mm  iso100  f2.8
比較参考のためにLサイズと同じ画角(600mm相当)です




e0019563_11475103.jpg
S(3M)2048✕1536   換算600mm  iso100  中央部等倍切り出しの2倍画像
絞りは 左から f2.8,f4.0,f5.6,f8.0

螺旋階段の手すりを解像しているのはこの画像f4だけと言えます。

結論
絞りはf4.0  ただし広角25mmから50mmmではf2.8も遜色なし(詳細は後日)
記録画素はS(3M) で決定(ちょっと悲しい)









このあと広角端を追記予定です








by mypac | 2018-03-25 11:22 | カメラの話 | Comments(0)
FZ300の試写(疲れました)
阪急電車の写真をUPしたことでFZ300の画質というか
画像エンジンのクセみたいなところが気になってしまって
いつもの淀川でテスト撮影してきました。
高倍率ズームなので焦点レンジを25mm、50mm、200mm、600mm
それにiaズーム域1.4倍付近と2倍と計6ポイント
絞りを2.8,4.0,5.6,8.0の4ヶ所
iso感度を100,200,400,800,1600,3200、一部おまけで6400
更に記録サイズをL(12M) M(8M) S(3M)の3種類
この組み合わせで合計何ショットになるんでしょう
いやあ疲れました。

e0019563_15174745.jpg
e0019563_15173999.jpg
まだゆっくり分析したわけではないですけれど
これ、どういうこと?と首をかしげたくなることをお見せします
上の2枚はどちらも 600mm  iso100  f4.0 で撮影しています
一枚はFZ300のフル画素L(12M)4000✕300ピクセルから切り出した等倍画像
もう一枚は最貧画素S(3M)2048✕1536ピクセルから切り出した2倍拡大画像
どちらがフル画素撮影した画像でしょうか

これがわからないくらいの差であることがまず理解できませぬ(-.-)
最貧画素Sで撮影の等倍画像をさらに2倍に拡大してるんですよ
もう????????
全部Sサイズで撮ればいいんじゃないか
逆に言うと、このクラスのセンサーの素の能力ってそんなもんじゃないのかなって話。

質問の答えは下の画像がフル画素です
どうみても上の画像のほうがシャープです
ちなみに
Sサイズで1114mm(1200mmのつもり)の等倍切り出しが下の画像です

e0019563_16191108.jpg
カメラ内でやってることがなんとなく想像できます

フォーサーズが2000万画素あたりでほぼ上限に近いことを伺わせています。
APS-Cは3000万画素ぐらいは出てくるかなってあたりで現状見ると、
高画素競争もそろそろ光学的なあるいは物理的な限界なのかなと思っています。
1/2.3インチ豆粒センサーはフォーサーズの1/8しか面積がありません。
2000万画素÷8は250万画素
まあそういうことなんでしょう。

といことでFZ300の一番美味しいのはサイズSの300万画素記録。
ベイヤー配列の4画素をひとつの画素にまとめたら300万画素になりました
と勝手に考えたい(^_^;)



続けてiso感度はどうでしょう

e0019563_20214118.jpg
記録サイズS(3M)  iso400   600mm   f2.8


e0019563_20364381.jpg
上の画像中央部です
iso400は安心して使えそうです






e0019563_19524121.jpg
記録サイズS(3M)  iso400   600mm   f4.0
f2.8に比べてコントラストが落ちています



e0019563_19552600.jpg
上の画像中央部



e0019563_19565503.jpg
上の画像左下部
極隅に甘い部分がありますが全体的には大きな破綻もなく安心できます




e0019563_19584275.jpg
iso1600 f4.0の中央部です



e0019563_19595205.jpg
iso1600 f5.6 の中央部です
f4.0に比べてコントラストは上がりますが画質は低下します




e0019563_20013065.jpg
iso6400 f8.0 中央部です
NDフィルターを用意していなかったのでf4.0とか5.6を撮れていません
低isoのカットから推察するにf4.0であれば画質は改善していると思われます

豆粒センサーでこんな高感度で耐えられるはずがあるまいと
iso3200はデーターを撮っていませんがとりあえずiso6400ってどんなン?
と思って撮っておいた画像です。
想像というより願望ですがiso3200のf4.0はブログ用なら使えそうな感じです。
望遠端のf2.8は光量がない時の最後の手段。
それでも撮れるか撮れないかは大きな違いですけどね。


ああー疲れた(-.-)


















by mypac | 2018-03-24 15:28 | カメラの話 | Comments(0)
FZ300の運用計画見直し
FZ300はセンサーサイズを1200万画素に控えたことで
ズーム全域でF2.8、iso6400を売りにした製品だと思っています。
僕は1/2.3インチ豆粒センサーの適正画素数は800万画素位と考えていまして
記録サイズMで運用しようと思っておりました。

e0019563_10002475.jpg
約600mm    ss1/1000 f2.8 iso125
少しトリミングしています

e0019563_10003769.jpg
等倍画像です
これだけを見ると正直言って期待はずれです
車両のディテールもさることながら
等倍画像で右端の電柱やら奥の看板がゆらゆら曲線状なのは
カメラ内部でなにかしてる結果なのかなあ。
やっぱり記録サイズL1200万画素で撮るのがいいのかなあ
それともF2.8が厳しいのかな、
そこそこのレンズでも開放は甘いので少し絞って使うことが多いですから
今度は一段絞ってみるかな。

追記
実写テストをしてみました(次の記事)
サイズMの800万画素記録はイマイチ、メリットはなさそうです。
EXズーム域の伸長もほぼクロップ(トリミング)と同じです。
絞りについてはやっぱりF4を使いたい(特に望遠側)
またおいおい記事にするつもりです

追記
直線がゆらゆらと曲がっているのは
陽炎(かげろう)と分かりました。
レンズとか、画像処理の影響とかではなくて
望遠撮影の際の空気の揺らぎです。
カメラとレンズの間には空気があるんだ(^^♪









by mypac | 2018-03-24 10:36 | カメラの話 | Comments(0)