人気ブログランキング |
遠くなった時
鉄道写真を始めた頃のネガをスキャンしていると、
今の自分とは別人、遠くて若い自分と対峙している錯覚に陥るようです。
鉄道車両に関するものなんでも興味があったようで
次から次から車両の部分写真を撮っています。
今思えば、全体写真を抑えてからだろうと思うのに、
次から次から台車とか連結器からコンプレッサーとか、
いつになったら全体写真が出てくるんだ、と少々苛立ちながらスキャンを続けていくと
いつのまにか撮影地が変わって別の日が始まったりします。
「おいおい、それはないやろ」
今では貴重なEF52やED16等を撮りに行っているのに・・・
もったいないな、歯がゆいなあ、
夢中に、一心不乱でシャッターを押している青年に言います。
「惜しかったなあ、でも気持ちは写っているよ」
e0019563_7475264.jpg

by mypac | 2009-03-18 07:48 | Comments(0)
<< 方向が見えてきたかな 趣味人倶楽部をきっかけに >>