R10試写その1
R10のインプレッション。
結論から言えば、「合格」

何が面白いって、なんと言っても「1センチマクロ」。
28mm相当ののワイドマクロですが、被写体に1センチまで寄ると
それは異次元の世界です。
e0019563_23355077.jpg
意外と画質も予想以上に良くてこれ一台で充分なんじゃないかと思わせます。

28mmからの7倍ズームと言えばコニカミノルタのA1(スタートはディマージュ7)と同じで
僕自身未だに愛用している機種です。
使いやすい焦点距離をカバーして通常これで過不足ありません。
4倍ズームクラスで感じる「もう一寸望遠が・・・」と言う不満は感じません。
流石に一眼レフ並とは言いませんが結構背景をボカした作画も出来ます。
e0019563_06186.jpg
e0019563_064552.jpg
上が200mm相当、下が100mm相当、プログラム露出なので絞りは自動設定。

初めてのカメラなのでメニューを開いたり、設定を変えたり
いろいろ試していたからかもしれませんが、バッテリーが切れてしまいました。
第一印象は「旅カメラにぴったり」
[PR]
by mypac | 2009-03-08 00:23 | Comments(0)
<< R10試写その2 明日はつかの間の晴れらしい >>