人気ブログランキング |
ソフトレンズ
e0019563_7371452.jpg

以前に工作していたコンバーターを使って実写してきました。
ペンタックスのボディにミノルタアルファ用レンズを装着。
なかでもぜひ使いたかったのが、この100ミリソフトレンズです。
レンズとボディの間にマウントコンバーター(自作)を挟むために、
そのままではフランジバックが伸びてピントの調節範囲が近距離(接写)に限定されてしまいます。
そのため無限を出すためにコンバーターには1.4倍のテレコンレンズを仕込んでありますので、
焦点距離は140ミリになり、その上にデジイチの受光素子サイズの関係で1.5倍相当
すなわち、実質の焦点距離は210ミリになります。
もともとの100ミリの倍以上になってしまって、かなり望遠のソフトレンズです。
怪我の功名といいますか、蝶やトンボを撮るのには都合が良くなりますが
花やポートレートには長すぎて使いにくくなります。
また、自作コンバターでは絞りの調節を考えてはありますが、自由にコントロールできません。

このレンズを自由に使いたい。
その一心がアルファsweetDを購入候補に押し上げています。
e0019563_7572741.jpg

by mypac | 2005-09-15 08:00 | Comments(1)
Commented by tusima-kaji at 2005-09-15 11:06
まずはフィルムスキャナーの蘇生おめでとうございます。
さすがですね、ところで100mmソフトレンズ素晴らしいですね、
純正本体に付ければかなりの絵が約束されるのでは...
これはもう決まりですね、αSweetD は近々に入手ということ
ですね、凄いです。手ブレ補正の威力は相当なものらしいですよ
ブログ仲間の酎さんが、三脚持ち歩くのが馬鹿らしくなってきた
といってました。

<< 必然性 クリーニング >>