人気ブログランキング |
助かったあ
ひょんなことで大事にならないで済みました。

年のせいだけではなくて、性格もあると思うのですが、
ぼくは「ポカ」が多いです。

図面支給型で承認図の提出のみと予定していた型が
構造変更でスライドコアーが追加になった時点で、完全にキャパをオーバー。
ほとんど3面が同時進行状態、機械場は容赦なく押してくるし、
やむなく1面をお持ち帰りしてなんとかしのいだ・・・つもりになっていました。、
自分自身プチ達成感に浸っていましたが、
Sさんの「プレート図はないんですか」の一言で書き出したとたん、
顔面蒼白、大チョンボを発見。
お持ち帰り残業が報われないどたばた劇になっちゃいましたけれど、
なにはともあれ、セーフ。

Sさんには、入社以来なにかと、お世話になります、どもっ
e0019563_21422121.jpg

by mypac | 2008-12-11 21:39 | Comments(4)
Commented by jmiin at 2008-12-12 05:55
キャンプションと、妙にかぶるこの写真が余計に緊張感を感じました。
Commented by mypacヒロリン at 2008-12-12 21:57 x
するどいですね、
滑走路と機体の向き、・・・。

でしょう、一応選んでたりするんですよ。
写真を一寸傾けたり・・・結構細かいんですよ、
設計マンのサガですかね。

その細かさが設計ミスの元でもありますけどねヽ(`▽´)/

Commented by かずくん@冬空 at 2008-12-13 08:26 x
ロスコストで 1:10:100 といいます。
図面段階のミス発見なら、最小限の1のロスですんだわけですね。
無事離陸でしょうか。

私の勤めている会社は主に装置の設計製作をしておりますが、
一品一様の装置が多く、出荷後のトラブルで、100倍のロスが出ることもたまに

設計って難しいものですね。
Commented by mypacヒロリン at 2008-12-13 23:56 x
かずくん、こんばんわ。
多分他の人にはどんなチョンボだったのかは、ばれていないと思いますが、
出図済の図面を差し替えたのですから、それなりのロスですね。

うちは金型屋なので、致命的なのは主型材の強度計算ミス。
直しようがありませんから。

設計つうのは、常に満点を要求されますからしんどいですね。
<< 年末ジャンボ うーん >>