人気ブログランキング |
昭和47年
お盆休みだ。
朝、曇っていた天気が晴れてきて、六甲山へでも行こうとかと、
何度も表へ出ては雲のない空を見上げてみる。
実は、「よし今日は出るのをやめよう」という口実を探しているのだけれど・・・・・ないのだなこれが。
仕方がない、
「この猛暑の炎天下に出るんかい、やめとけやめとけ」やっぱこれだなと決めた。
今日は出かけないと決めたからには、せめて何かせねば申し訳ない?
カバーに番号の振っていないネガが2本出てきました。
フィルムスキャンをしよう。

e0019563_1448423.jpg
昭和47年、ぼくの鉄道写真最後の年の大淀川です。
この時の撮影行はバイクです、今とは比較ならないほど行動力がありました。
一時期8mmフィルムの今で言う動画に走った期間が2年ほどありまして、スチル写真は休眠。
ぼくは二つのことを同時に出来るほど器用ではない、というか、
ひとつのことに没頭してしまうタイプなんですね。
昭和47年に本格的に写真に復帰してからは以前とは少し撮り方が変わりました。
一コマ一コマスキャンしていると、蘇ってきますねえ。
もう少し続けていれば今とは違った人生があったかも(後悔しているわけじゃないけれど)
この年、まだSLが全滅していたわけでもないのに、ぴたりとカメラを置きました。
by mypac | 2008-08-15 15:17 | Comments(0)
<< DF50富士 鉄道の公共性 >>