人気ブログランキング |
残念なことに
画質、操作性ともに大満足のDFA100mmマクロなんですけど、
かなーり残念なことにパープルフリンジが出ます。
これはK10Dの欠点なのかも知れませんが、
それだけシャープに解像している証と言えなくもありません。
受光素子がベイヤー配列という並びをしているのは周知のことですが、
K10Dはローパスフィルターの利かせ方が弱めで解像感を残すチューニングだそうで、
そのあたりと関係があるのかもしれません。

e0019563_0145222.jpg
K10D+DFA100mmマクロ  F2.8  1/1000s
この日のベストショットだと思ったのですが、帰ってからPCで見てみると
無残にも水滴の輝く高輝度部分にパープルフリンジが。

e0019563_0185779.jpg
やむを得ずカラー情報を捨てた形でモノクロにしてみました。
なんでも、ニコンのソフトで簡単にパープルフリンジを消せるらしいのですが、
フォトショップで消せる方法をご存知の方がいらっしゃいましたら
なにとぞご教示ください。

e0019563_23134738.jpg
RIUXさんに↓で教えて頂いた方法でパープルフリンジを修正しました。
とても簡単で、デジタルバンザイですね、ありがとうございました。
by mypac | 2007-11-12 00:21 | Comments(8)
Commented by RIUX at 2007-11-12 02:06 x
いいかんじにアメジスト色で宝飾品みたい。 いい効果になってますよ。
Commented by jmiin at 2007-11-12 05:29
出ますねーパープルフリンジ。
特に一部のレンズで強く感じます。こうれはおっしゃる様にK10Dの欠点
として意識せざるを得ません。
すなわちパープルフリンジが出ない様に撮る。と言う事ですね。^^;
Commented by mypac at 2007-11-12 07:00
RIUXさん、おはようございます。
前向きと言うか、プラス思考と言いますか、
確かにそうとも言えますね。
ちょっと知ってる人には、「ダメジャン」と言われそうですが
フィッシュアイの歪みとか、ミラーレンズのドーナツじょうのボケとか、
判って作画してるよ、と納得できればいいんですけどネ。
Commented by mypac at 2007-11-12 07:04
jmiinさん、おはようございます。
出ますねえ、
愛用のDA16-45mmでも周辺部は結構出ますし、
DSでは気にならなかったですから、K10D側の問題っぽいです。
今度タムロンと撮り比べてみたいと思っていますが、
こんな被写体を前にして朝の一瞬の大事な時に
比較テストを撮れるかと言うと・・・多分無理です``r(^^;)ポリポリ
Commented by RIUX at 2007-11-12 22:41 x
Photoshopでパープルフリンジを除去する方法です。
色調補正の「色相・彩度」を使います。
1)色調・彩度を選ぶと出てくるウインドウの項目に「マスター」となってる欄があります。この欄の端の▲▼を押すろ「レッド/イエロー/グリーン...」といろんな候補が表れるので、なんでもいいからマスター以外を選んでください。
2)その状態でマウスカーソルを画像のパープルフリンジの部分に目指してクリックします。するとクリックした部分の色を中心に一定の範囲が指定されます。
※色相・彩度ウインドウの下部のレインボーのスライダーバーにその範囲が△に挟まれて表示されますので確認できます。この△の間隔を狭めるとよりピンポイントに指定できます。
3)色相のスライダーをマイナスに寄せることでパープルがグレーになって目立たなくなります。絵柄に応じて、好きなように色相を変えたり応用できます。
Commented by mypac at 2007-11-12 23:12
RIUXさん、こんばんわ
ありがとうございます。
「色相彩度」はマスターしか使っていませんでした(^_^;)
早速やってみました、色域が調整できて簡単ですね。
もうこれでDFA100mmの弱点はほとんどありません( ̄^ ̄)
有難うございました、修正した画像を追加しておきました。
Commented by RIUX at 2007-11-12 23:23 x
さっそく修正版アップされてますねw
色相彩度はマスター以外を使うことでうんと利用範囲が広がりますよ。
これを使わない手はありません。
役に立ててうれしいです。
Commented by jmiin at 2007-11-13 05:39
ををー。
綺麗サッパリなくなりますね。ちょっとびっくりです。写真は普段、殆ど
触る事が有りませんが、これはちょっとメモメモです。うーん凄い。
<< 食べられません 越畑に通う理由、その原点 >>