人気ブログランキング |
紅葉にはまだ
この秋最初の「佐々里峠」へ行って来ました。
天気予報では晴れなんですけど、
雲が多くて、それでなくても山陰に近い山間部の天気が不安定な峠だけに、
何度引き返そうと思ったことか。

e0019563_23364472.jpg
K10D+DA50-200mm/4.0-5.6  200mm域  F5.6  1/45s

紅葉撮影はできれば晴れて欲しい。
との想いとはうらはらに、いわゆる高曇り、
ゆったりと光が廻ったプチ紅葉です。
by mypac | 2007-11-05 23:42 | Comments(8)
Commented by jmiin at 2007-11-06 05:45
いやいや。ペンタの味炸裂ですね。
流石に抜けが良いですね。例のレンズ。そして200mm域で1/45のシ
ャッター速度。K10Dで有ることを感謝する瞬間です。
くもりで光が回った感じも良いです。
Commented by mypac at 2007-11-06 07:48
jmiinさん、おはようございます。
車での撮影行の場合、レンズはあれもこれもと多めに持って出ますが、
現地で使うのはやっぱりいつものレンズです。
DA16-45mmを付けたボディをぶら下げて
DA50-200mmをポケットにほり込んで歩き出す。
大き目のバッグを持ち出したときはほとんどこのパターンです。
このレンズはもう半絞りでも明るければ・・・と思うことよりも
軽量コンパクトの利便性がありがたいです。
K10Dの手ぶれ補正は秀逸で、帰ってからExifデーターを見てビックリの時がありますね。
Commented by jmiin at 2007-11-06 12:57
実際K10Dと言うシステムは、もの凄いのかも知れない、と思う事があり
ます。
暗くて無理していないレンズ。
手ぶれ補正で「撮らせる」。
仕上がる写真は綺麗。

こんな贅沢で良いのかと思う事があります。
Commented by mypac at 2007-11-06 23:01
jmiinさん、こんばんわ
K10Dは機能てんこ盛ですが、基本性能はさほど誉められたもんじゃないと思いますよ。
ただ、実質8万円そこそこの売値ですからコストパフォーマンスは相当高いのは間違いないです。
レンズも選択肢が少なくてラインナップは
同じ焦点距離で松竹梅が選べるC社とは雲泥の差なんですけど、
どれでも選んでくださいと並べられても手の届くものでもなし、
ぼくには丁度良いシステムがペンタックスなんでしょう_(^^;)ゞイヤー
Commented by jmiin at 2007-11-06 23:11
あ、
僕の場合基本性能もクソも無い位に 露出はマニュアル。絞りリンク許可、
ピントもマニュアル。と言う質素?な生活だからK10Dと言うシステムを
凄い、と言えるのカモ知れません。
Commented by mypac at 2007-11-06 23:39
う~ん、jmiinさんの撮り方の方がスゴイと思いますけどぉ(^_^;)
Commented by jmiin at 2007-11-07 08:17
え~
そうなんだ......(涙)
Commented by mypac at 2007-11-07 21:48
はい、多分(^o^)

ぼくはMFはマクロの時ぐらいですね、
AFレンズで操作性の悪いMFを頑張るようなモノズキではなくて
AFおまかせのモノグサですから、はい。
<< 広河原 久しぶりに使ったフィッシュアイ >>