DAレンズの使い勝手
AF作動をAFボタンで使っていると、普段は置きピン状態です、
ピントリングを回せばいつでもMFです。
このことが一番ありがたいのがマクロ撮影ですね。
最短距離が1.1mですからマクロとも言えないですが
鉄道写真のかたわら、列車待ちの手持ち無沙汰の時間つぶしに
そばの草むらで遊んでみました。

e0019563_20241993.jpg
DA50-200mm/150mm、f5.6
右の花のてっぺんまで入れる予定でしたが、ピント合わせに気を使っているうちに
中途半端な切れ方になってしまいました(~_~;)

e0019563_2030722.jpg
DA50-200mm/200mm、f6.7
コンパクトなズームですからボケは期待してなかったですが
予想通りあまりきれいとは言えません。
特に前ボケはソフトレンズのような芯のあるボケでコマ収差が大きいように思います。

単焦点でも前ボケがきれいなレンズは少ないですから
このクラスのズームレンズには無理難題といったところかな。

願わくば最短距離が20cm近ければ全て許せたんですけどねえ、
明日にでもUPしますが、ペンタックスレンズとしては意外に
逆光性能がよくなかったんですよね、これはちょっと誤算です。
[PR]
by mypac | 2007-05-28 20:44 | 中古レンズ | Comments(0)
<< なかなかいいと思う 単独行 >>