もっと望遠
むかーし、若かりし頃、望遠といえば135mmが一般的でした。
特に鉄道写真では望遠の圧縮効果が大きくて200mmともなると
列車が寸詰まりな感じがして美しい編成美が台なしでしたから、
標準から長焦点あたりが好きでした。

e0019563_23521674.jpg
ぼくの愛用している望遠レンズは70-210mmズームです。
35mm換算で300mm超相当の画角になります。
最近の望遠ズームの主力は300mm、昔では超望遠の世界です。
いまやコンパクトカメラで400mmの超望遠が普通に売られているの見るにつけ
隔世の感がします。

今回、P社の新型のデジカメの筐体に関わる仕事がありまして
塗装済み筐体にある程度の外装部品が組まれたサンプルが机の上にあります。
これが発表されるのはいつ頃なんでしょう。
28mmからの18倍ズームって500mm超ですねえ(◎-◎)
そのうち800mmとか1000mmとか・・・
[PR]
by mypac | 2007-05-17 00:21 | 鉄道写真 | Comments(0)
<< 北条鉄道 先行き不透明 >>