変換ソフトを使ってみました
このフィッシュアイズームと12-24mmの広角ズームとで迷いましたが
価格差もさることながら、今回使った変換ソフトの存在も大きいです。
当然画質は落ちるのですがBLOGに使う程度なら充分じゃないでしょうか。

e0019563_22534567.jpg
これがDAフィッシュアイズーム10mmの時のオリジナル画像です。

e0019563_22553157.jpg
垂直方向の有効エリアをほぼいっぱい使って3:2フォーマットで展開すると
水平画角は約110度です。

e0019563_22573184.jpg
オリジナル画像の水平画角は約142度とのことなので、
もう少し欲張って122度で展開すると中央部天地に情報のない黒マッスが現れます。

e0019563_2301838.jpg
上の画像の天地の黒マッス部をトリミングして16:9のワイド画面にしてみました。

e0019563_2312457.jpg
同じ要領で昨日の画像を展開するとこんな感じです。
かなり上向きに撮ったことになりますね。

e0019563_2323988.jpg
ソフトで展開するときにシフトレンズ効果を付加しました。
ピッチ角20度で展開するとディストーションはかなり改善されましたが
更に画像有効エリアが減って2:1以上のワイド画面です。

と、こんな感じで超広角パノラマ写真が楽しめます。
フィッシュアイの面白さと、超々広角の面白さ。
一粒で二度美味しいレンズでしょう。
(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン
[PR]
by mypac | 2007-01-30 23:11 | K10D | Comments(2)
Commented by yorotama at 2007-01-31 21:07
ヒロリンさん、こんばんは。
非常にわかりやすい作例を拝見しまして、このレンズの疑問が
一気に氷解しました! あーポチッといってしまいそう・・
それにしても、一瞬にして使いこなしてしまうなんてすごいですね〜^^



Commented by mypac at 2007-01-31 22:41
yorotamaさん、こんばんわ。
なかなか便利なソフトです、ちょっとやってみた印象では
16:9ワイド画像のあたりが一番美味しそうです。
このレンズを買うまではすぐに飽きそうだと思っていましたが
今は結構面白いなあ、と思っています。
ぜひ!
<< TPO--時と場合によるなあ 優柔不断なのに >>