これはいいです
ペンタックスのユーザーフレンドリー思想は昔から変わらないですね。
ねじ込み式のスクリューマウントからバヨネットのKマウントに変更した際、
あえてフランジバックを変えなかったのがその最たるもの。
おかげでわずか1000円のアダプターで半世紀も前のレンズが
不自由なく使えるのがペンタックスの魅力のひとつです。
K100Dから手ぶれ補正が装備されたのですが
このK10Dではさらオールドレンズでも手ぶれ補正が使えます。
e0019563_2340612.jpg
焦点距離を手動入力すればどんなレンズも手ぶれ補正の恩恵を享受できます。
レンズ情報を自動取得できないレンズを装着した際に
この画面が出ますので十字キーで選択してOKボタンを押すだけです。
手作りレンズでも効果がありますからね、これはいいです。
[PR]
by mypac | 2007-01-11 23:54 | K10D | Comments(2)
Commented by tusima-kaji at 2007-01-12 13:20
こんにちは~、
>焦点距離を手動入力すればどんなレンズも手ぶれ補正の恩恵を
享受できます。
いい機能ですねー、オールドレンズを持った人には堪えられない
ですね、人気があるのも頷けますね。
おかげでM42レンズがかなり人気になってるようですがペンタックス
のこの機能のおかげですね。

これからのデジタルカメラはこのような斬新な機能を付加してこそ
生かされると思います。
もっとも私の場合は単体レンズは1本も持ってないので、今はさほど
ではありませんが、パナさんあたりも技術はあるのですからもっと
真剣に一眼には気を配って欲しいものです。(^_^)

Commented by mypacヒロリン at 2007-01-12 21:45 x
tusima-kajiさん、こんばんわ
ペンタックスのオールドレンズが高騰していますね。
中古市場でもめっきりタマが少なくなった気がします。

パナソニックの技術力は、車で言えばトヨタみたいなもんでしょう。
本気になればピカイチの物ができると思いますよ。
先が楽しみですね。
<< 最近この手の商売が ちょっとラッキー >>