人気ブログランキング |
中山寺の梅
仕事が片付いて、平日に撮影に出かけるのは自営業の特権でしょうか。

寒の戻りで寒いですから伊丹の昆虫館温室の蝶でも撮ろうかと出掛けたのですが
あいにく休館日、これは平日の悲哀でしょうか。
やむなく車を北へ向けると中山寺の案内標識がありました。
そうそう中山寺には梅林があったことを思い出しました。

e0019563_073573.jpg
大阪城の梅林は満開だそうですが、流石に山裾はまだ早かったですね。
紅梅が三分咲き、白梅がチラホラ咲きといった感じでした。

e0019563_010355.jpg
相変わらず100ミリソフトです。
相変わらずピントをちょっとはずし気味です。
季節風が強くて被写体ブレのせいかも知れません。
次に寒さが緩んで暖かくなればわっと咲きそうな気配です。

E5000に魚眼コンバーターレンズをつけている方を見かけました。
対角魚眼ではなく、全周魚眼なんですね、面白そうでした。
ちなみにデジイチはアルファ7Dでした。

画像追加です、ソフトレンズの画像を縮小すると
甘いピントがより甘くなるみたいですね。
上の画像のオリジナルを1280ピクセルで切り出したものです。
クリックすると等倍画像になります。
e0019563_9424617.jpg

by mypac | 2006-03-15 00:22 | Comments(2)
Commented by tusima-kaji at 2006-03-15 15:33
中山寺の梅林はまだまだのようですね、100mmソフトはピントが
ギリギリのところですね。
バックの感じがいいだけに惜しまれますね。
Commented by mypac at 2006-03-16 09:46
レスが遅くなり申し訳ありません。
そうですね、ソフトレンズはピントガ難しいですね、
ボケた部分が増幅される傾向があるのと、ファインダーで確認しがたいのとでピンぼけ写真乱発ですね。
それとWEBにUPするさいに、縮小されるのも感じが変わってしまうようです。
元画像を切り出した画像を追加しました。
<< タムロンOEM 入りびたり >>