人気ブログランキング |
ASの威力
アルファデジイチの最大の魅力はAS(手ブレ補正)です。
お気に入りのレンズのひとつにシグマ300mmf4.0がありまして
これが最短距離が短く、なんと1.2Mで簡易テレマクロとして重宝しておりました。
その前に使っていたトキナー400mmf5.6というレンズも最短2.5Mで
シグマ300mmを買うまでは、近寄れない木々のの芽吹きの切り取りなどに便利でした。
もちろんどちらのレンズもがっちりした三脚が必須でした。

アルファデジイチは35mm換算で焦点距離が1.5倍になりますから
400mmf5.6は600mmf5.6相当です。
手ぶれ補正は本当に有効なんでしょうか、
600mmが手持ちで使えるのでしょうか、
試してみました。

e0019563_17505952.jpg
リサイズのみです。
ノートリミング、JPEG撮って出し状態で色調補正もしていません。

e0019563_17525217.jpg
横幅3008ピクセルのうち1280ピクセルを切り出し、640ピクセルにリサイズしてあります。

撮影ポイントからホームの手前まで約300メートル、右の電車はさらに200メートルほど向こうから接近中です。
差し込む夕陽でかげろうが揺れています。
すごい!、手持ちでこんな状況が撮れました。
ちなみにISOをAUTOにしてあったので400まで自動感度アップしてました。
シャッター速度は1/125です、いやあ感動ものですねえ。
by mypac | 2006-02-27 18:04 | Comments(2)
Commented by tusima-kaji at 2006-02-28 14:46
手ブレ補正はほんとうにありがたいです、テスト写真は見事ですね。
でも過信していい加減に(私みたいに^_^;)撮ってるとやはりブレ
ます。(当たり前ですけど)

FZ30でもLUX2でも最初はかなりのブレ写真を作ってました、最近
は気を使って少し慎重になりました。
LC1はそのため、かなり気を使うので疲れます、その度に手ブレ補正
の良さをしみじみ感じるのです。(笑)


Commented by mypacヒロリン at 2006-02-28 20:02 x
自分もA1で手ぶれ補正のありがたさは実感してましたからね、
しっかり構えればシャッター速度3段分はいけますね。
今回の作例では、撮影中のファインダー像はブレブレでしたから
ここまで停まってるとは思いませんでした。

今度のL1も手ぶれ補正付きですからネ
逝っちゃって下さい、見るからに写りのよさげなレンズがそそるじゃないですか。
<< おまけのような 来ましたねえ >>