フィルムスキャンの対策
HDがぽしゃったことで、またフィルムスキャンをやらねばならなくなりました。
客観的には何の価値があるわけでもないけれど、自分の気持ちが収まらないし
写真集を出す!みたいな大げさなことではないので、なるべく費用をかけないで
デジタル化する方法を探していましたら、とりあえず一つの解にたどり着きました。

e0019563_14132814.jpg
年代物のライトボックスに、さらに超年代物の引伸ばし機に使っていた
硝子板のフィルムホルダー、結構年代物のマクロレンズ
その他いろいろ寄せ集めて、コストゼロで複写方式にたどり着きました。

e0019563_14193294.jpg
まだ試行錯誤中ですが、ブローニーフィルムを数本取り込んでみました。
諧調反転とか、LV補正とか、マクロを組めたらいいんですけれど
ソフトも年代物なので、1ショッ毎に同じ作業の繰り返しがだるいです。
それでもフラットベッドスキャナーよりははるかに早いです。
解像度は使用カメラがアルファ7なのでmax2400万画素です、
フィルムとアスペクト比が違うのでペンタックス67の分は実質1800万画素くらいなのが
ちょっと残念ですけれどピント精度は勝っている感じです。
ただちょっとコントラストが低くて自動レベル補正で見かけを繕うことになり
jpegでは画質劣化するのでホントはrawで撮るべきなんでしょうけど、
使用用途を考えると十分かなとも思えます。
何よりコストゼロですから(^_-)-☆



全然違う話だけれど
このエキサイトブログ(無料版)のバナー広告がエラク目立つようになったねえ
最初はは3行ほどの文字広告だけだったのに










by mypac | 2018-11-26 15:36 | Comments(0)
<< ランニングシューズを更新 で、おいくら >>