人気ブログランキング |
奇跡のベイビーたち
神というのは自分にとってわからないもののひとつなんです。
わからないのに「助けてください」とか「お願いします」とか
なんかの拍子に祈ることはありますけれど、
昨日は自分があたかも神にでもなったような話です。


e0019563_10422103.jpg
これは昨日、偶然見つけた赤ちゃん達です。

事の発端は4~5日前にさかのぼりまして
グッピー水槽に白点病に罹ったメスグッピーを発見
グッピーのような小さい種は病気を見つけると治癒する確率は低いのですが
他のサカナたちにも蔓延するのを避けるため急遽別水槽へ隔離して
グリーンFという薬浴治療を施しました。
エヤーレーションを強めにかけて3日間(長く続けてもあまり意味がない)
回復を見届けて雌グッピーを本水槽へ戻し
次は最近孵化したメダカの成長段階の仕分け水槽にする予定だったため
薬液の入った水を捨て、軽く底石揉み洗いしながら数回すすぎ流す作業をして
水道水を半分、後の半分をメダカ水槽から定量まで加えてエヤーレーションをセット。
あれ、なにげに底の方を見るとなにか動いています。

e0019563_10423450.jpg
メダカ水槽から水をすくった際に赤ちゃんメダカが混入したかと思いましたが
サイズが違いすぎます、どう見てもグッピーの赤ちゃんです。
なんで?なんで?
よく見ると3尾います。
何度も水替えして洗ったのですから、どこから降って湧いたのか??????
?しばらくクエッションマークの連続です。
そのうち見ていると水槽ガラスと底石の隙間からイトミミズが這い出すように
赤ちゃんグッピーがチョロリンと手品のように出てきました。
4尾になりました。
ウソでしょう。
あたかも念力で石の間から忽然と小さな命を誕生させたような錯覚?

急ごしらえで隔離水槽を用意するときに、装飾用にとっておいた荒い底石を使ったこと
それも水槽の割には多めに使ったことで、洗うときにも逃げ込める隙間ができたんでしょう。
雌グッピーが産み落とした稚魚は最初しばらくはうまく泳げないので小石の隙間に落ちていったんでしょう。
いろんな偶然が重なって、一夜明けた今朝数えてみると7尾が元気に泳いでいます。

信じられない
白点病の雌グッピーが産み落としたとしか考えられないのですが
元の水をほとんど捨てて、強めの水流で何度もすすぎをしましたから、
翻って考えると
残っている個体の何倍もの赤ちゃんグッピーを葬ってしまったと思われます。
「ごめんなさい」気が付かなくて・・・

この命の差って何なんでしょう
神様(ぼくを使って)のイタヅラでしょうか

今もう一度数え直すと8尾になっていました???















by mypac | 2018-05-30 11:26 | 我が家のお魚たち | Comments(0)
<< また今度 36色の鉛筆 >>