人気ブログランキング |
FZ300の運用計画見直し
FZ300はセンサーサイズを1200万画素に控えたことで
ズーム全域でF2.8、iso6400を売りにした製品だと思っています。
僕は1/2.3インチ豆粒センサーの適正画素数は800万画素位と考えていまして
記録サイズMで運用しようと思っておりました。

e0019563_10002475.jpg
約600mm    ss1/1000 f2.8 iso125
少しトリミングしています

e0019563_10003769.jpg
等倍画像です
これだけを見ると正直言って期待はずれです
車両のディテールもさることながら
等倍画像で右端の電柱やら奥の看板がゆらゆら曲線状なのは
カメラ内部でなにかしてる結果なのかなあ。
やっぱり記録サイズL1200万画素で撮るのがいいのかなあ
それともF2.8が厳しいのかな、
そこそこのレンズでも開放は甘いので少し絞って使うことが多いですから
今度は一段絞ってみるかな。

追記
実写テストをしてみました(次の記事)
サイズMの800万画素記録はイマイチ、メリットはなさそうです。
EXズーム域の伸長もほぼクロップ(トリミング)と同じです。
絞りについてはやっぱりF4を使いたい(特に望遠側)
またおいおい記事にするつもりです

追記
直線がゆらゆらと曲がっているのは
陽炎(かげろう)と分かりました。
レンズとか、画像処理の影響とかではなくて
望遠撮影の際の空気の揺らぎです。
カメラとレンズの間には空気があるんだ(^^♪









by mypac | 2018-03-24 10:36 | カメラの話 | Comments(0)
<< FZ300の試写(疲れました) FZ300にした訳2(4Kフォ... >>