人気ブログランキング |
FZ300にした訳
体力的にも機能的にもAPS-Cで400mmレンズは厳しいです。
気が変わらなければ(^_^;)時期を見てRX10M4にしようと思っています。

鳥さんを撮るには600mmでは足りないことは実感しています。
なのにRX10M4でいいのか?
その試験運用的な意味もあってほぼ同じ焦点距離ズーム一体機のFZ300にしました。
昨夜の人形の例のように「ia解像ズーム」ダメじゃんとか
使ってみないとわからないことはありますから。

e0019563_09511004.jpg
600mm相当実焦点距離108mmレンズ実装なので
フルサイズ機標準ズーム装着と並べてもそんなに差がありません
重さもFZ300は740グラムに対し、アルファ7レンズセットは820グラムとわずかな差ですが
センサーサイズは約1/30しかありません(RX10M4は約1/8)

改めてアルファ7とセットブームレンズの軽さがすごい。
RX10M4にするとこの外観廻りの比較は逆転します



e0019563_09512163.jpg
フルサイズや普段遣いのAPS-Cと比べて極端に小さい豆粒センサーの画質は
カシオZR1600だけで出かけることもあるので理解は出来ているつもりです
しかし撮影スタイル、特にファインダーはできるだけ妥協したくない
その条件に合格するのは豆粒センサー機の中ではこれだけです。



e0019563_10491408.jpg
FZ300にした強い理由はレンズの明るさがズーム全域でF2.8であることです
豆粒センサーですからボケを期待しているわけではなくて
ISOとかシャッター速度に回せる余裕が2段ほどあるので多少光線状態が悪くても
粘れるんじゃないかなという期待を込めて。
「鉄ちゃん」をすることもあるでしょうからシャッター速度は結構重要なファクターになります。

この話続きます、多分











by mypac | 2018-03-22 10:36 | カメラの話 | Comments(0)
<< FZ300で2時間遊んでみました FZ300を理解するのは >>