思案は続くよどこまでも
パナFZ85、FZ300、ニコンP900、
この3機種に絞ってヨドバシカメラで実機を触ってきました。
中でもFZ300が筆頭候補なのは変わりありません。
ファインダーを覗き比べた時点でFZ85はかなり減点
3機種ではスペック通りFZ300が一番見やすいです。
P900はこの図体の大きさが許容できるか確認の目的です。
突出した2000mm相当のレンズがその他の項目を全て納得として考えます。
しかしそばにある弟分B700が一番コンパクトで安くてコレでいいかあ、
比較的新しいし。(それでも1年半前の機種)

ついでに高嶺の花のRX10M4も触ってみました。
独立した露出補正ダイヤルと絞りリングがそそります。
ファインダーも全く別物で、アルファ7よりもかなりいいです。
位相差AF追従24コマ/秒というだけでカワセミのダイビングはもちろん
ホバリングも撮れてしまいそうです。
カテゴリーも価格も違うので見なかったことにして退却しましたけれど
価格が下がってバーダーを続けていたら考えます。
ということで思案はさらに果てしなく続くのです。

ああ、優柔不断の性格って、ほんと、いやだなあ。


e0019563_17591621.jpg
とりあえず、本を買ってきました。
「ひと目で分かる」はずですけれど・・・
確信は持てません、下はシロハラですか?

e0019563_18020122.jpg
お手軽超望遠のコンデジにした場合
野鳥の足元からすぐ後に続くなだかなアウトフォーカスのバックは
どれくらいうるさくなるんだろう
それが一番の思案のタネ。











[PR]
by mypac | 2018-03-16 18:02 | Comments(0)
<< 瑞風を撮ってきました 売れてしまいました >>