人気ブログランキング |
一日の長さ
大阪から北へ向かってプラスマイナス45度くらいの方向に撮影に出かける事が多いです。
ラッシュを避けて帰るコースは大体決まっていて、
帰り道に夕陽が撮れるポイントを何箇所か目星をつけてあります。
ある程度帰っておかないと、こんな状態で林道を走るのは「かるくやばい」ですからね。
e0019563_992151.jpg


亀岡盆地まで帰っておくとあとは楽なのと、わりと広い風景が撮れるので
都合がよいのですが、残念なことに高圧線の通り道?になっていてポイントは多くありません。
過去の記憶を穿り出しながら、目星をつけた場所に立ち寄ったのですが、
記憶にあるポプラの木がありません。
ここらあたりだったと探してみると、どうやら遺構があったらしく何ヶ所か掘り返して
それらしき物が露出していました。
今の自分には、遺構や遺跡より、記憶の向こうにある、ポプラの樹が欲しかったです。

e0019563_921792.jpg
e0019563_9211617.jpg

どちらも若干レタッチしてありますが、機材の特徴は出ています。
換算24ミリ相当の広い画角、2:3のワイド気味なフォーマットのDs
ブルーの空が際立つ発色、3:4の正方形に近いフォーマットのE300
どちらも捨てがたい魅力があります。
by mypac | 2005-12-02 09:39 | Comments(4)
Commented by 紅ちゃん at 2005-12-02 10:03 x
おお~っ!ヒロリンさん。さすが「光の魔術師」。レンブラントにも負けない作品ですね。広角レンズも威力ありますね。
ブログ頑張ってらっしゃいますね。いつも楽しみにしています。
Commented by tusima-kaji at 2005-12-02 16:18
確かにどちらも捨て難いですね、個人的にはLC1と同じ
フォーマット(4:3)のE300をとりたいですね、ただistDs
に比べて、青が少し強いようですね。
いずれも広がりのある素晴らしい夕景の写真だと思います。
Commented by mypacヒロリン at 2005-12-03 09:18 x
紅ちゃん
「光の魔術師」、まあびっくりするようなお言葉(~_~;)
レンブラントさん?の作品も良く知らないので、実感はありませんが、
一眼レフのことを、ガンレフとか言うらしいので・・・
せいぜい「夕陽のガンマンの撃たれ役」ってあたりですかね。
Commented by mypacヒロリン at 2005-12-03 09:44 x
kajiさん
LC1はじっくり使えるいいカメラですね、
デジイチでさえ、消耗品化している風潮の中で、
多分これから先も色褪せない、長く使える、名機だと思います。

4:3のフォーマットはPCで扱うには便利ですが、
長く写真をやってきた者の感覚では、広がり感ではだいぶ違う気がします。
色は、カメラの個性に加えて、ユーザーの感覚やPC環境で、
かなり変わってしまいます。
最初に使ったコダックのDC4800というデジカメは
E300より更にこってりカラーでしたよ。

この雲は、赤く焼けるかと思って粘ったのですが
山の向こうに雲があったのか、・・・残念でした。
<< タムロン90mm なんだかなあ >>