人気ブログランキング |
百万本のバラ(松山善三訳詞)
信じてくれますか  一人の若者が
小さな家を売り   バラを買いました
信じてくれますか  嘘だと思うでしょう
街中のバラを    貴女に贈るなんて
バラを バラを バラをください
ありったけのバラをください
貴女の好きなバラの花で
貴女を 貴女を 貴女を包みたい
バラを バラを バラをください
百万本のバラをください
僕の 僕の 僕の この生命
貴女に 貴女に 貴女に捧げましょう

貧しい絵描きの僕にできるのはひとつ
何もかも捨てて   貴女を想うこと
誰も知らない     心のささやきを
花びらに添えて   貴女に贈りたい
バラを バラを バラをください
ありったけのバラをください
貴女の好きなバラの花で
貴女を 貴女を 貴女を包みたい
バラを バラを バラをください
百万本のバラをください
僕の 僕の 僕の この生命
貴女に 貴女に 貴女に捧げましょう

出逢いは短く    貴女はもういない
貴女は踊り子    街からまた街へ
夜汽車の窓辺で  貴女は思うだろう
見えない愛の灯が この世にあるのだと
くるくる くるくる くるくる廻る
真っ赤なサテンのトウシューズ
残った僕の心には
甘い思い出     涙の雫
貴女に捧げた    バラの花は
枯れても 枯れても 枯れても 我が命
貴女の 貴女の 貴女の胸に咲く
貴女の姿は遠く消えても
僕の 僕の 僕のある限り
君への 君への 君への愛は
燃えて 燃えて 燃えて 燃えるよ
燃えて 燃えて 燃えて 燃えるよ
e0019563_23205016.jpg

by mypac | 2012-08-29 23:14 | Comments(0)
<< デュエットだぜ 久米小百合さん >>