人気ブログランキング |
OM50/1.4の続き
OM50mm/1.4レンズの名誉のために
ペンタックスDSに付けて比較して見ました。

オリンパスOMレンズがペンタックスにつく筈がない。
何か方法はないかとゴソゴソしていると
なんとなんとバヨネットの切りかき部に一箇所、
ウソみたいにというか、まるで予定して設計したかのように
スコンと嵌る個所がありました。
もちろんバヨネットの爪の厚みが違いますので当たってしまって回りません。
常にマウント面が密着するように手で押さえつけておかないといけません。
それに絞りも開放のままなので、これはレンズの爪に小さいスポンジをかませて
絞込み可能にしました。
まあ、とんでもなく、危なっかしい状態ですが、比べてみました。
e0019563_23221918.jpg

e0019563_23223226.jpg

上がペンタックスDS、下がオリンパスE300でともにf2.0です。
CCDの大きさの違いが画角差に表れています。
f1.4も撮りましたが光量オーバーで比較し難いためf2.0より小絞りで比較しました。
Dsの方がシャープですね、E300ではやっぱり軟調です。
Dsの方は大体狙ったところにピントが来てますが、
E300のほうはかなり後ピンです。
淀川のテストでピントが来ていないように見えたのは
ファインダー画像でほぼ無限遠のピント合わせをすると
実際のCCD面ではオーバーインフになっているのかもしれません。
E300の保証期間内にピント調整に出した方がいいかも知れないなあ。
by mypac | 2005-11-01 23:34 | Comments(2)
Commented by tusima-kaji at 2005-11-02 12:36
確かにDsの方がシャープですね、E300でAFが合わない
となれば、致命的ですね。
f2.0以上の絞りで使えるものなら使いたいところでしょうが、
ピント調整で直るものなんでしょうか?
Commented by mypac at 2005-11-02 12:57
フォーサーズの受光素子の特性と、古いレンズがマッチしてないことが主因だと思いますが、純正のズームレンズでもファインダーでピント合わせをすると後ピンの傾向がありますから、ボディの方にも多少原因がありそうです。
それにしてもMFがやりにくい筆頭のデジカメでMFレンズを使うことはないのですが、フォーサーズ純正レンズは高いですからね。
<< D200かあ 沼宮内の画像 >>