人気ブログランキング |
アルファ55の屋台骨
ブロニー版フィルムを使い始めた頃に
35mmでは写っていないものが写っている繊細な描写に感動したのを、
今でもしっかり覚えています。
ロングの鉄道風景でした。
35mmフィルムではのっぺりとした田圃にブロニーフィルムでは
稲刈跡の株が整然と写っていたのを見て、35mmとは世界が違う感じがしました。

高画素数礼賛派ではないですが、このアルファ55は1600万画素、
ペンタックスDSが600万画素でした、K10Dで1000万画素、
被写体によっては確かにその違いは歴然としています。
もうそろそろ物理的限界じゃないかと思うのですが
e0019563_22423980.jpg
コニカミノルタAF28-75mm/F2.8
リサイズしていますので伝わらないと思いますが、
こんな線の細い被写体はもっと画素数が有ってもいいと思いますね。


19.7---55.3
by mypac | 2010-09-28 22:43 | Comments(0)
<< アルファ55で夜の鉄3 少し落ち着いて見るとペンタック... >>