いよいよ発表k7
アメリカで正式発表がありました。
ボディ1299ドル、・・・日本では15万ぐらいでしょうか。

内容は数日前からリークされていたとおりで
自分にとって期待以上だったのは超音波振動ダストリムーバルが搭載されたこと。
小型化されて性能一新、シャッター速度1/8000、5.2コマ/秒。
残念だったのはフリーアングル液晶ではなかったこと。
これは多分小型化のために見送られたのか、
それとも高性能なファインダーを用意しましたから、
ぜひファインダーを使って撮影してくださいとのメッセージなのかも。

e0019563_740010.jpg
左側がDSなみに短くなってかつ3インチLCDを採用したため左端に並んでいたボタンが移動しています。
ぼくにとって必要不可欠のAFボタン(親指AF)は少し移動したけれど、さほど違和感がなさそうなのは一安心。
ただ露出補正ボタンがなくなっていますが、LVボタンがそうなのかな、この位置はどうかなあ、

とにかくK20Dにはほとんど魅力を感じなかったけれど、これはいいです。
ペンタックスユーザー(あえてファンとは言わない)久しぶりにわくわくする新型の登場です。
[PR]
by mypac | 2009-05-21 07:48 | Comments(2)
Commented by かずくん at 2009-05-21 20:39 x
なかなか性能的に魅力ある製品のようですね。
フリーアングル液晶でないのが残念、92万ドットなのはきれいそうです。

発売前ですが、ネットで見ると、富士カメラで販売価格 109,725円(税込)
価格COMを見ると最安価格 124,583円
6月末発売ですか。

こういうのが出てくるとE-30なども少し値下がりが期待できるかも
Commented by mypac at 2009-05-21 21:35
実物も見ないうちから言うのもなんですが・・・
これはいいですね、買いですね。
価格もバーゲンプライスだと思います。

フォーサーズ本家は一寸厳しくなりそう、
マイクロフォーサーズにシフトしていくんじゃないかなと思います。
ぼくはE30への浮気心はかなり薄れました。
<< K7発売は6月末 機種変 >>