ようやく電気が来ました
台風のピーク時に停電してから丸2日経って、ようやく復旧しました。
子供の頃には時々時々停電がありました
長くても数時間で復旧していたような記憶がありますが
こんなに長いのは初めてです。

幸い、水とガスは供給されていましたので食事もトイレも何とかなりましたが
今は電気が止まると、とても不便なことで、いろいろと勉強になりました。

不思議なことに10メートル南の高圧通り
逆に北方向の駅あたりも停電していなくて
東西に相当長い区画が落ちていてコンビニもスーパーも
あちこち営業していたのでパニックではありませんでしたが
夜はめっちゃ不便と、防犯面での不安とで「長い夜」でした。

e0019563_21195485.jpg
アロマキャンドルがピンチヒッターで頑張りました(^_-)-☆




[PR]
# by mypac | 2018-09-06 21:21 | Comments(0)
プラティはオススメしません2
プラティはオススメしませんって話は相当前に一度書きました。
ほんとにやめたほうがいいですよ。

プラティは尻尾の付け根にミッキーマウスのシルエットを横にしたような品種がでて
一気に人気になりましたから、子供さんを連れて行くとつい買ってしまいます。

うちのプラティは一度全滅仕掛けたのをなんとか命をつないだ末裔たちです。
(詳細は古い記事参照してください)
毎日何十匹と死んでいくのを薬浴で生き残ったわずかな子孫ですから
可愛いはずなんですけれど
最近、全滅すればよかったのにと鬼のような思いに駆られます。


e0019563_19454475.jpg
メスの争奪戦は自然界では当たり前のこと(人間界も?)ですが
サル山のボス状態がどんどんエキサイトして
弱いオスはもう行くところが無いっていうくらい草の根っこまで追いかけられて
最後はヘトヘトクタクタになって息も絶え絶えになってしまいます。
追いかけてるボスを捕まえてシバイタロカと思うほど見るのが嫌になります。
何ための観賞魚???
だからプラティはおすすめしませんって(-_-)









[PR]
# by mypac | 2018-09-02 20:01 | Comments(0)
こちらはホントのコンデジ
SONYのCyber-shotHX99
クラス世界最小のEVF内蔵24~720mm相当光学30倍ズーム
とのことですが、情報サイトの紹介文が
高額30倍ズームコンパクト機になっていて
単なる漢字の誤変換じゃなくて
執筆者の意図なんじゃないかと思えるほどに
的を得た「コウガク」に笑っちゃいました。


e0019563_13104174.jpg
画像、ちっちゃ!
いやあ、世界最小ですから。











[PR]
# by mypac | 2018-09-01 13:12 | Comments(0)
3000mm!!
ニコンP1000 発売日9月14日 市場価格13万5千円
重量1.4キロのコンデジ、コンデジとは言えない巨大モンスター
3000mm望遠ってどんなんでしょう(*_*;
まあ、とにかく、すごい、・・・えらい!

[写真]





[PR]
# by mypac | 2018-08-31 10:26 | Comments(0)
ヤカーリング世界大会
投稿が前後しますが
日曜日に開催されたヤカーリング世界大会の様子を投稿します☆彡

e0019563_12011278.jpg
各国のTVクルーはどこにいるんでしょう
会場が分かりにくくて道に迷っているのかも・・・






[PR]
# by mypac | 2018-08-28 12:06 | Comments(0)
ボッテリおなかをなんとかせねば
ほとんど何もしないで怠惰な生活をしていると
当然のようにボッテリおなかだけが成長します。
なんとかせねばと思いながらヘルスメーターの数値は
とめどなく上昇中(T_T)

ウォーキングを再開して1週間、
身体が慣れてきたのか、足取りが少し軽くなりました。
ダイエットは、続ける意思をどうして切らさないようにするかが全て。

「やる気」にエネルギーを補充する意味で
ランニングパンツを買いました。
サングラスポケットがかっこいい^_^
撮影のために入れたのは百均の老眼鏡だけど^^;
レングス3/4サイズ、あのそのまあ7分って言うのかなあ

e0019563_17214346.jpg
スポーツデポとか大きなスポーツ用品店は馴染みがないというのもあるのですが
売り場の配置がよくわかりません。
なんとかランニングコーナーにたどり着いた?のですけれど
こんどはメンズか、レディスかわかりません。
眼の前の商品はメンズと思うのに頭を上げると柱にはレディスと書いてあったり??
店員さんに訪ねますと
「ここはメンズです、レディスは柱の向こう側です」って、わかりにくい(-_-)

で、なぜか買ったのは、メンズ売り場にあったレディスのLサイズ???
タグのウエスト表記は64-70、みるからにタグの付け間違いでしょ
念の為試着してみましたけれど、84センチのたっぷんウエストで履けました、
ちょっときついけど、まあ数センチはすぐに落とす予定なのでφ(..)








[PR]
# by mypac | 2018-08-27 17:52 | Comments(0)
ニコンのフルサイズミラーレス
ニコンからフルサイズミラーレス Z7、Z6 が発表されました。

e0019563_10370051.jpg


ニコンファンにとっては待望なのかな、

ぼくの第一印象はニコン製SONYアルファ(+_+)

すっかりカメラに醒めている眼から見ると
SONYが「誰も作らなかったカメラ」というキャッチで
5年前に世に送り出したセンセーショナルなミラーレス アルファ7が
いかに先進的であったのかという思いがいたします。

今回の発表の中に
Fマウントアダプターで過去のレンズに対応という旧態一つ見ても
もっと大胆にプロダクトできなかったんだろうかと思いますね。
どうせ撮像素子をSONYに頼らざるを得ないのなら
思い切ってEマウント採用!・・・とか。
軍門に下るというようなさもしい心持ではなくて
今やEマウントは世界で一番メジャーなんですから
ニコンにとってもメリットはあると思いますし
何より
もうそろそろ、マウントは各社共用にならないかと思います。

業界の雄、ニコンなら、Fマウントを決別するからには
そのあたりを引っ張ってこそ胸を張れるんじゃないんですか。

ニコンのサイトをさらりと見てきて思うのは
ネーミングにインパクトがないのは仕方がないなあ
動画が一歩進んでいるかと思いますが
また一からレンズを揃えなおしてニコン党を引き留める
求心力はないんじゃないでしょうか。
後だしで横に並んだだけかいなって印象がしました。

まあ、メーカー間で抜け駆けはしないのがお約束でしょうけど((+_+))
大きな岐路に立って舵を切ったからには、もう少しは抜け出して欲しかったです。







[PR]
# by mypac | 2018-08-24 10:38 | Comments(0)
何とかやり過ごしたね
すっかり体を動かさずにぐーたらしていると
足元に落ちているごみを拾おうとするだけで
「よっこらしょっ」って感じがします。

何気に早く目覚めた朝に、思い出したように
ウォーキングに出かけました。
季節が動いてほんの数度なんでしょうけど
ひんやりとした朝の空気が気持ちいいです。

朝のお散歩友達と思しきご婦人が足を止めて一言二言
「楽になったね」「何とかやり過ごしたね」

ぼくも「そうですねぇ」と
もちろん声には出しませんが相槌を打ちながら
お二人の横を通り過ぎるとなんか
マスコンのノッチがコツンと一段上がった気がします。

e0019563_11303945.jpg






[PR]
# by mypac | 2018-08-23 11:31 | Comments(0)
ミノルタ AF 100mm f2
もう交換レンズを買うことはなさそうだけれど
未練がましくと言いますか、趣味の一環として
時折お世話になる何店かのチェックはしています。

ペンタックス買うならここ八百富写真機店にこんなんでました(^^♪
ペンタックスではありませんが



e0019563_11055770.jpg
ミノルタ AF 100mm f2 !!
ミノルタがアルファシリーズでAFを前面に掲げて
一世風靡する初期にラインナップされたレンズ群の一本です。
アルファ7000を見送り、上級機アルファ9000を待って
本体と同時に数本のレンズを購入しましたが
このレンズと迷った挙句AF135mmf2.8という凡庸なレンズをチョィスしてしまいました。
昔から135mmという画角に慣れていて好きな画角だったことがその理由で
購入後はカメラベストのポケットに常に入っているほどに愛用はしたのですけれど
後日、迷って却下したミノルタ AF 100mm f2 ってレンズが只者でないことを知りました。
アルファ初期にメーカーが揃えたレンズの中には普及クラスにも銘玉が多数ありましたが
今でも気になる一本がこのAF100f2.0です。
気になるだけですよ。







[PR]
# by mypac | 2018-08-20 11:33 | Comments(0)
楊貴妃の子孫
楊貴妃の子孫が順調に成長しています。
メダカの話ですけど。

お向かいのYさんに頂いた楊貴妃の卵、その数約150以上(数えきれない)
孵化した数は約130(だいたい数えました)

孵化したばかりの稚魚ははほとんど同じ3mmくらいで
ほんとに針の先ほどで「ハリコ」と呼ばれます。
親と一緒にすると食べられてしまいますので
稚魚たちは別水槽というか別の容器で育てて
体長1センチをめどに親の水槽に放流しています。

成長の早い個体と遅い個体では倍以上の差がありまして
ようやく一番成長の遅かった組も7~8ミリくらいになりました。
まだとても小さいのもいますけれど、ここまで生きてこれたのだから
かろうじて食べているんでしょう。
ここまで育ったのがざっくり70尾ですから
孵化したけれど約半数が育たなかったということになります。
自然界では、もっと厳しい比率でしょうから
順調に成長していますということで、

e0019563_17110264.jpg







[PR]
# by mypac | 2018-08-16 17:11 | Comments(0)
青春のかけら
Facebookで鉄道つながりで3人の方とお友達になりました。
改めて趣味写真をやり始めたころのネガを見ていて
あの頃はよかったと思える写真を見つけました。
カメラがハーフ版なのでこれくらいの解像度がいいところです。
折角キロポスト票が写っているのに何キロか読めませんが
多分吹田と岸部の間位と思います。



e0019563_21310190.jpg

無意識に列車を追いかけて撮ったと思われる流し撮りが
ヘッドマークにロックオン(^^♪
簡易舗装のような凸凹道路に車の影もなく、
柵もなんもない東海道本線をあこがれの特急が疾走してゆく。
あの頃に戻りたい。





[PR]
# by mypac | 2018-08-11 21:37 | Comments(0)
やっててよかった

青春時代に鉄道写真に没頭した頃のバイブル的存在、
雲の上の憧れの写真家広田尚敬さんとFacebookで「友達」になりました。


最初に登録したのは2012年。
あの頃の友人と古い写真で思い出話がしたくて
Facebook始めてみたけれど、誰もやっていないのか全然繋がらなくて・・・

使い方も勝手が分からなくて、放置状態でした。

少し書き始めたのが2016年、誰かが見てくれるかもと
過去の写真やらBLOGのコピーを時々投稿するようになりましたが
先にメモ帳とかに下書きをして
コピペで投稿するような状態は今も進歩なく・・・
数少ない友達以外に反応もなく、もちろん拡散もなく(^_^;)
fbって自分には向いてなさそう。

でも今日はやってて良かったと思いましたね。
繋がりでもうお一方とも「友達」になりましたし
少しは能動的に動いてみようかなと。


e0019563_00040573.jpg
色鉛筆画を描く上でネタ元は自分の写真ですけれど
あの頃の写真集を参考にしたりはしています
今日は広田尚敬さんの写真集の一冊を出してきました。





[PR]
# by mypac | 2018-08-10 00:08 | Comments(0)
淀川花火大会
昨夜は地元の花火大会でした。
マイホームの3Fからでもそこそこ楽しめるのですが
昨年から、もちょっと近くで、もちょっと高いところに拠点ができたので
観覧してきました。
焼き肉&ドリンク付きです(^_^;)


e0019563_21342900.jpg
久しぶりの花火撮影です。
NEX6と付属のパワーズームですけれどこのての撮影には向いていないと思いますね。
元来パワーズームを作動させているリングをMFリングに設定しておくのですが
ズームレバーと近いので画角を変える時に指が触れてしまう、
それと、ノイズリダクションが撮影と同じ時間かかるので面倒!
解除しておくのを忘れました、撮影開始してから
メニューを行ったり来たりするのもどうなのぉ。

結局娘さんのスマホ撮影が、一番きれいに撮れていました(-_-;)











[PR]
# by mypac | 2018-08-05 21:45 | Comments(0)
余韻

山陰本線馬堀を出て行くシーンを元ネタにした創作です。
左側の家並はイメージで加筆しましたが、サイズ感やパースがイマイチ合っていません。
飛行機雲も欲張りすぎたかなあ、
描くたびに、課題が露呈して時間つぶしに始めた塗り絵もなかなか深いなあ、と((+_+))

e0019563_09381859.jpg
pixivに投稿し始めたころは「いいね」が付くだろうか
自己流の塗り絵は他の人から見るとどんな評価になるんだろうと
物は試しとやり始めたけれど、今ではフォロワーも二桁になって
コメントのやり取りも親しくなってきた方もあったりして
日々の生活の中にも定着してきました。
作品ができる(エネルギー切れで不時着に近い)と真っ先にpixivに投稿
次にfacebook,そして最後にここエキサイトブログに投稿と
順番はすっかり逆なってしまいましたけれど
そのうちにマイブームは風のように通り過ぎて、
残っているのはここだけになってしまうかも(^_-)-☆









[PR]
# by mypac | 2018-08-03 10:07 | Comments(0)
今どきの鉄道ふぁん
時折ユーチューブで前面展望なる動画を見たりしますが
あなたにおすすめみたいなリンクをたどっているうちに
「罵声大会」シリーズに出くわしました。
いわゆるさよなら列車とか、特別運転とか、
ホームや線路わきにに群がる鉄道ファンの
いざこざを動画にして上げているわけですけれど
「フラッシュ炊くな」とか「下がれっ、画面に入るちゅうねん!」とか
挙句の果てにはお目当ての列車の手前の線路を通常運転している列車に対して
「被るなっボケっ」みたいな((+_+))、自分勝手も甚だしい。
蒸気機関車の末期の頃も似たようなものでしたが、まだ秩序はあったように思います。
ぼくは線路脇のそんな喧騒が嫌で、蒸気機関車の終焉を見ずにやめてしまいました。
今となっては、一歩下がってずっと続けていればよかったのにとつくづく思います。


e0019563_13381572.jpg
時々、思い出したように、鉄道ファンをやっています。





[PR]
# by mypac | 2018-07-27 13:38 | Comments(0)
色鉛筆だけど
秋、夏、春と描いてきましたので、冬も描いておかねばと
ピックアップしたのが今日の一枚です。

描き始めてから何度もこれはやめようと思いました。
中景の林の残雪、近景の針葉樹のか細い線
自分の力量では描けそうにないなあと
仕事ではないから投げ出してもいいんですけれど
なぜか、くしゃくしゃと丸めてポイ、が出来なくて
捨てられない性格がこんなところにも表れるぅ、んっ、もうっ。
結果的に針葉樹の林はNゲージの安いパッケージ品を並べたみたい((+_+))
ひたすら植樹して、植樹して、・・・・んんーn&%$もういいか、完成!

色鉛筆画だけど使ったのはミリペンと黒とネズミ色の鉛筆だけですから
「色」はありません(*^^)v

e0019563_09015622.jpg







[PR]
# by mypac | 2018-07-24 09:02 | Comments(0)
馬堀惜別の春
梅小路機関区所属のC57が大好きで
山陰本線京都園部間には数えきれないくらい通い詰めました。
特にこの馬堀あたりは四季折々に郷愁漂う風景が心に染みて
大阪から摂丹街道をバイクで一直線(気持ちは)
ほれた彼女の元へ日参しておりました。

昭和46年の春、この愛しきC57たちと惜別の時がやってきました。
今回の塗り絵の元ネタは今生の別れの2日前のものです。
と、説明しないと
タイトル「馬堀惜別の春」が意味不明だと思います(^^;)

e0019563_19242071.jpg
今回は家並を出来るだけ忠実に描くことをテーマにしました。
特に、甍の幾何学的パターンの模写と表現をどうするかと考えて
下書きにインクペンを使いました。

e0019563_19243066.jpg
フリーハンドの線と定規を使った線が混在すると画調に統一性がなくなるので
明らかに直線のものもすべてフリーハンドで描きました。
なんともへたくそな線だなあと思いながら・・・
結果的にはガーター橋と客車だけは定規を使うべきだったかなあ
と思っています。

相変わらず、しくじりも多くて
ところどころ光源の位置と半逆光の表現がうまくできていないこととか
もうええか的な着陸は、ホントに現役のころの図面を終わらせる時の
感覚と同じで、これは一生治らないモノかと思います。(^^♪













[PR]
# by mypac | 2018-07-19 19:47 | Comments(0)
由良川鉄橋の夏
雲を描いてみようと思い立って描き始めたと
途中経過を前回の投稿で紹介しました。
その雲は、わかりやすく入道雲をチョイスしたのですが
元ネタがあるわけではなくて、こんな感じかなあと描きました。

e0019563_13050985.jpg
入道雲と青空はほぼ一日で描き上げましたけれど
単色を均一に塗るのはとても難しい。
単色と言ってもこれでも2種類のブルーを使っています。
天頂は濃く、太陽に近い付近は淡くという意識をしているのですが
塗りこむことでどんどんムラが出てきます。
PCに取り込んで、コントラストを上げると悲惨
なんというか、苦労が報われないというか((+_+))

列車は目一杯細部を注意して描き込みました。
今回はシルエットのベタ塗なのでだいたい狙い通り描けました。(^^♪









[PR]
# by mypac | 2018-07-16 13:41 | Comments(0)
力量とのバランス
先日の記事で「雲を描きたい」と書きました。
しかし考えてみると
きれいな雲を見て写真を撮ることはあっても
いざ考えてみると、雲ってどんな形なんだろうと思います。
自分の記憶とイメージを頼りにして・・・
今回は入道雲を描いてみようと取り掛かりました。
ま、ご時世ですからネットの画像も参考にして(^_^;)

相当前のTVでみたんですけど
宮大工の棟梁が眼の前の作業に没頭している若い大工さんに対して
「全体の流れを掴んでチカラの配分をしなさい」と諭しておりました。


e0019563_18255055.jpg
下書きはバッチリ、SLと鉄橋の主役以外はほぼ塗り終わりました。
光線状態は、得意の逆光で元の写真はシルエットの黒ベタです・・・が
わずかに見えるガーター橋のチャンネル材の縦線を表現するか
黒ベタで塗りつぶすか迷っています。
あの棟梁の声が聞こえてきそうです。



[PR]
# by mypac | 2018-07-14 18:35 | Comments(0)
晩秋の加太越え
天城越え♪って名曲がありますけれど(^^♪
「加太越え」って言葉がが通用するのは
かなり古い鉄道ファンくらいでしょうね。

昨日、クールピックスP1000のニュースに触れて
速報的に記事を投稿したものですから
こつこつやっています色鉛筆画の「晩秋の加太越え」を
ここに出すタイミングが一日ずれました。

e0019563_16165919.jpg
今回も思い通りには描けなかったなあと反省しつつ
スキャンしてPCで調整というか濃度を上げてみると
空の青が濃いすぎます((+_+))やっぱりなあ~
しかも、なんで水筆を縦に運んだんだろう、塗り斑がダメダメ。
水筆で定着させてしまったので本来消せないのですけれど
根性でゴシゴシしてみると、
おょょ
意外と淡い空色の残り方がいいんじゃないですか。!(^^)!
これって、怪我の功名?それともテクニック?(^_-)-☆

へたっぴでも続けているとpixivに投稿すると短時間で
いいね!とブックマークのカウントが上がるようになりました。
素直にうれしい、次は何を描こうかと励みになります。

ちゃんと、狙って雲を描きたい。
そんな意識がずーっとあって、難しいかなあ。













[PR]
# by mypac | 2018-07-12 17:07 | Comments(0)