<   2016年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
また棚田を作る
前回の経験を踏まえて、また棚田に挑戦する。

今回は線路部分のモチーフは「築堤」としました。
左から右へ平地から山間部にとりかかるあたりの勾配線として
高さ方向の視覚と、平面的にも少し傾けて、収まりといいますか
変化を付けてみました。

最初に鉄道の築堤を3次元的に決めてから段々の地形を貼っていく手順は
頭で考えているより結構厄介で疲れました。
一番肝心な棚田の形の変化より、ジグソーパズルの
ピースを嵌めこむ作業に時間を取られて
今日はここまで、と手を止めて、少し離れて見てみると
なんとなく棚田の形が面白く無いなあ
特に見せ場の旧道からバス停へ降りる細道はもっとうねらせたかったけど
これですら粘土とかプラスターでどうなることやら。


e0019563_20163331.jpg



[PR]
by mypac | 2016-08-28 20:17 | Comments(0)
バス停を小さくした
試作段階の状態から、1センチほど切り詰めました
ついでに奥行きも1ミリ切り詰めました
わずか1ミリと言っても実物では15センチですから
だいぶイメージが変わりました。
一応、バス停はこれで完成とします。
塗装のついでにバスの屋根を塗ったら路面電車みたいになった(-_-;)
筆塗りにしては塗料が薄かったみたいで、元のプラの色が残って
みっともないったらありゃしない。

これで眼が良ければ楽しい趣味と思えるけど
今は視力よりも指先の感触のほうが頼りになったりして(~_~メ)
まあ、なんだかんだ言っても、仕事の合間の気分転換ではなくて
ジオラマ作業の目休めに、CADをやるって本末転倒も甚だしい。


e0019563_18560282.jpg
e0019563_18555080.jpg

[PR]
by mypac | 2016-08-27 18:56 | Comments(0)
バス停を試作
今回のプランのメイン建造物であるバス停を試作しました。

手持ちのストラクチャーの在庫とかジャンクボックスとか
色々探していました。
案としては、グリーンマックスのキットから
転轍機小屋、あるいはホームの待合室、あるいは小屋と便所、
帯に短し・・・ですね。
結局、対向ホームキットの壁を切接して試作したのが写真です。
e0019563_10565502.jpg
流用できるかなと漠然と考えていたのは、KATOのローカルホームの待合室ですが、屋根がねえ。
試作したのはブロック積み風で、狙っていた木造の古い感じとは違いますが
まま許容範囲といいますか、どことなくありそうなスタイルにはなったかなと、
でも少し大きい感じがします、スレート屋根2溝ほどサイズを小さくしたいです。


[PR]
by mypac | 2016-08-26 11:06 | Comments(0)
次のプラン 
前回はスタイロフォームに直接工作したので角がかなり痛みました。
今回はヒャッキンのコルクボードをベースに貼り付けてスタートです。
使ったコルクボードHはA4サイズでざっくり20センチ✕30センチ
平面図だけですけどレイアウトを書いてみると
道路が結構スペースが必要なことがわかります。
e0019563_21153952.jpg
テーマは「バス停のある風景」





[PR]
by mypac | 2016-08-25 21:18 | Comments(0)
カシオZR4000
カシオZR4000が9月9日発売

超広角19mmからの5倍ズーム
ZR3000の超広角レンズモデルです

自分のZR1600と比べて
センサーサイズが1/1.7インチとか
画素数は1200万画素に抑えたところとか
基本はZR3000のままのようですが
スペック的にはそそりますね。

e0019563_14250851.jpg




[PR]
by mypac | 2016-08-25 14:43 | Comments(0)
夏バテじゃ
連日の残暑がこたえます、早く涼しくなってくれ~

ミニジオラマ「アーチ橋のある風景」は
スタイロフォームむき出しの端面に黒紙を貼って
一応ゴールのつもりですけど、田圃が中途半端なので
なんか、簡単な作業で「らしく」見える手抜き作業を模索中です。
しかし手持ちのパウダー系の素材に秋色がないのでどうしようかなあ、
頭のなかは、次の製作にかかり始めています。

e0019563_14094248.jpg
最近ペンタックスK70の発表の頃に書いた記事にアクセス数が上がっています
価格コムで見ると、初値に対して約5000円下がりましたね、
そろそろ秋の撮影シーズンに向けて購入を検討しておられる方が
少なからずブログを検索されているのでしょうが
自分は実機も見ていない状態ですから、
申し訳ないですが、あまりお役に立つ内容ではありませんけどネ
ただ、少しは気になっていますよ、今でも。






[PR]
by mypac | 2016-08-24 14:10 | Comments(0)
ひとまず完成と
レールの側面にフラットブラウンを塗って、ある程度乾いてから
レールの踏み面にはみ出した塗料を綿棒に溶剤を付けて磨き出すと
一気にリアリティが上がって、同時にテンションも上がります。

しかし今回はここまでで完成にしようかと思っています。
昨日も書いたけれど、気に入らない点が多々ありまして
これはこれで習作としてはいいと思ってます。
この歳でいまさら習作というほど次があるかはともかく
結構楽しかった。
もう少し手を入れるか、もう一度同じモチーフで作るか思案中です。
e0019563_11262660.jpg

一番気に入らないのは橋脚の太さです。
もっと細いよねえ、見るからに頑丈すぎる(~_~メ)
それと橋脚の質感の低さ、スタイロフォームに直接塗装したため
線堀もできないし、色も濃いしなあ
e0019563_11264546.jpg
イメージ写真のような稲穂の実った秋を表現したかったけれど
いい案が浮かばなかった、
唯一頑張ったのは、右の山に植林(植草?)したヤマゴケ
ホームセンターで見つけたヤマゴケをほぐして一本ずつ
植えました、(・∀・)イイネ!!
しかし、肝心の橋脚がなんともぶちゃいくだなあ。

[PR]
by mypac | 2016-08-21 11:37 | Comments(0)
ミニジオラマ進捗
テーマは「アーチ橋のある風景」
アングルを組み合わせた鉄橋は無理としても
コンクリート橋ならなんとかなるんじゃないかと考えるうちに
筆洗い容器に石膏を流し込めば橋脚になりそうと思いつて
スタートしたのですが、
安直にスタイロフォームを切り出せばいいんじゃないかと
目標レベルを下げたあたりからゴールが怪しくなって来ました。
アーチ橋の上に線路を置いてみると、めっちゃ不自然!
急遽トミックスの高架橋の側板のみを切り出して貼り付けることにしました。
e0019563_16552018.jpg
スタイロフォームを切ったり貼ったりしているうちは良かったのですが
思いつくまま棚田が増えたり、前後の手順をあまり考えないで進めているせいか
やり直したい箇所がたくさんあって、塗装も何度も塗りなおしてこてこてじゃ。
気に入っていた山裾の小道にパウダー固着用のボンド水が流れ込んで、また塗り直しかい。

特に季節感と手持ちの素材とスキルのアンマッチがどうしたらええんでしょ。
どこで匙を投げ出そうかと思いつつ
とりあえずここ数日は畦道を造成して、今日は草を植えました。
e0019563_16513713.jpg





[PR]
by mypac | 2016-08-20 16:53 | Comments(0)
猛暑が続いてぐったり
休みが開けて溜まっていた仕事がどんどん流れてきます。
暑いと思考力が落ちますし、なかなか思うように進みません。
するとまた、例の症状が気になりだして悪循環の気配です。
そんな時には気分転換を心がけています。

先日TVで見たことですが
リラックスするのにいろんな方法を浅く広く持つのが良いらしいです
ちょっとしたことでいいから思いつくことを数多く書き出しておいて
例えばコーヒーを飲むとか、を実践した場合にストレス解消の効果を
自分で点数を付ける、どんなストレスに対して効果があったとかをメモって
どんなことが自分にあっているか見つける、そんな内容でした。

僕の場合、今ブレイク中なのは
水槽のプチ水替えです
バケツで何杯もの本格的な水替えではなくて
表面の食べ残しとか油膜状の掃除、文字では表しにくいですけど
表面張力を利用して表層の水ごと吸い込む感じです。
効果が目に見えるので結構はまってます
あと減った分だけの足し水、1リットルほどの容器で
1~2杯で終わり、5分~10分サカナを見ながら
いい気分転換になっています。
e0019563_09532154.jpg


[PR]
by mypac | 2016-08-19 09:41 | Comments(0)
お盆休み終わりです
お墓参りに行っただけで、あとはエヤコンを軽めに効かして
ぐうたら生活してました。
孫達は今日帰ってくる予定ですが
久しぶりに静かな3日間、ほぼミニジオラマ製作に没頭しておりました。
こんな感じの物を作ろう、というイメージだけで
思いつくまま、切ったり貼ったり、
老眼と、疲れ目と、心細くなった集中力とを組み合わせると
現状はこんな感じです。
e0019563_09061111.jpg
前回の写真より棚田3枚と小さな山裾の道が一本増えてます。


[PR]
by mypac | 2016-08-16 09:14 | Comments(0)