<   2016年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧
浅草亀十のどら焼き
「浅草亀十のどら焼き」ってもさ
ゆんべのテレビみてなきゃどってこたあねえんだけどさ、
たまたま、TV点けたしにゃ、ほらあのあれさ、アズミとか言うのかい
売れっ子のあなうんさーがさ、ほらあのあれさ・・・

安住アナがスキージャンプの高梨選手を東京見物に連れ出す下りがありまして
浅草雷門からカメラをパンするてーとスカイツリーがありまして
そして、「浅草亀十のどら焼き」に繋がるんですけど

今日のお三時に、その浅草亀十のどら焼きが出るとは思わなかったです
友人の息子さんが東京勤務が終わって大阪に帰ってくるおみやげに頂いたんですけど
昨日の今日ですから、びっくりしました。
TVを見てなきゃ、なんちゅうことないちょっと変わった
「三笠まんじゅう」やねえ、と言ったと思います。
e0019563_1657224.jpg

[PR]
by mypac | 2016-04-30 16:57 | Comments(0)
メダカの稚魚に餌を
親のいる水槽から救出した稚魚たちだけど
全員が成長するほど甘くはないのが現実です。

育ての親(飼い主)の責任は稚魚が生きていける環境を作ること
それは水であったり、餌であったり、いろいろ
まず、第一は捕食者(成魚)からのの隔離だと思っているのだけど
案外そうではないのかなと考えることもあります。

稚魚は数日分の栄養をお腹の袋(ヨーサック)に持った状態で孵化します。
その栄養を使いきるまでに泳力をつけ、敵から逃れ
餌を見つけること、食べること、消化することなどに適応して行きます。

ウチの餌は小型熱帯魚のフレーク餌を潰して潰して
龍角散の粉末より小さいのではないかと思えるほど細かくして
ほんの少しを一日数回に分けて与えています。

観察していると
ヨーサックが空っぽになっても与えた餌を食べない稚魚がいます。
身体が食べられる状態になっていないか、餌だと認識できないか
いずれにしても食べてくれないことには救いようはなくて
短い命は終わってしまいます。
(自然界には植物性の超小さい食べ物もあるんでしょうけどね)

それを見ると親水槽から救出しないほうが良かったんじゃないか
水が変わったことが悪かったんじゃないかとか、
思うけど
成魚のエサになってしまうよりは数日でも泳いだほうがいいでしょ。
と言ってみる。
e0019563_13135216.jpg

e0019563_1314762.jpg

[PR]
by mypac | 2016-04-28 12:59 | Comments(0)
メダカの稚魚を救出
孫君が友達からもらった10匹ほどのメダカが
室内ですが無事に冬を越してまた卵を抱えております。
ひょっとしてとマツモの周りを天眼鏡をのぞくと
数匹の稚魚を発見しました。

二時間おきくらいにパトロールして
この3日間で20数匹を確保、片付けようと思っていた
ミナミヌマエビだけの水槽に緊急避難させました。

去年は、親魚から直接素手で採卵していましたが
面倒なので、メダカ水槽に浮草を多くして
成魚に捕食されなかった運の良い稚魚を救出する作戦ですが
このまま続けると100匹とかになりそうで、
どこかで作戦を打ち切りないときりがなさそうです。
e0019563_914579.jpg

[PR]
by mypac | 2016-04-28 00:08 | Comments(0)
あと69本
バラバラの箱に入れて保管場所もあちこちに散らばっていたネガを
今更ながらですが整理しました。

フィルムカメラ時代に遊んでガラクタを入れていたケースに
試しにネガを入れてみると、ほぼぴったり。
早く気づけよって話です。

分散していた紙箱から移し替えて50年ぶりに初めて全員集合です。
ひとつのトレーに約130本入りますが、
きりよく100本ずつとして、きれいに500本強が整理できましした。

改めてまだスキャンできていないネガをピックアップすると
まだ69本もありました。
最初の頃はネガを清掃せずにスキャンしていたので
汚れやホコリが多くて再スキャンしたいネガもあります。

その上さらにネガカラーも何十本かありますし
まだしばらくはロートルスキャナーは引退できないですね。
e0019563_1343693.jpg

e0019563_13432198.jpg

[PR]
by mypac | 2016-04-25 13:13 | Comments(0)
数日お休み
ちょっと手強い在宅勤務が入りまして、数日間スキャンもブログもお休みしました。
少し前に見積もりを出してあったのですが、
「金額が合えば製作できるか」と打診が入ったそうで
型構造が成立するかどうかの見極めをする事になりました。
金型つうのは難しい分野です
図は書けるけれど、加工ができるのか
加工はできても生産性はどうなのか
エンドユーザーは誰もが知ってる大企業です。
量産に入ればラインを止めることはできません。
いつも思うのですが
そんな重大な案件を10人足らずの零細企業が判断するの?

土日返上で提案図を提出しました。
構造を考えるのは得意分野なんですけどね、
今回は集中力の衰えもあるんでしょう、読みきった感がありません。
ただ、それでも自分らしい提案はできたという思いはあります。
e0019563_17443218.jpg

[PR]
by mypac | 2016-04-24 17:38 | Comments(0)
これが乱視ちゅうやつでしょう2
乱視かなと気になり始めたのは、最近のことで
ひょっとしたら、ノートパソコンに替えたのも一因かもしれません。
それまでは会社でもディスプレイまでの距離が遠くて
「よおそれで見えてるんやね」とか言われたこともありますし
ノートになって、格段に画面との距離が近くなりました。
それと、photoshopのせいかもしれません。
アイコンとかガイドの文字が小さくて
せっかくのFHDの解像度を落としたくない気持ちもあって
かなり無理をして睨んでいる状態ですから。
IEの文字なんかは大きくできるけれど
ソフト依存文字を大きくするとバランスが悪くて楽しくない。

ああああああああ、それとも
タブレットでやってるゲームかなあ
なんせ8インチですから、ちっちゃくてですね・・・これかな決定打は。

まあとにかく乱視矯正メガネがいるのはガッテン承知!
e0019563_1251183.jpg
 
[PR]
by mypac | 2016-04-20 12:51 | Comments(0)
これが乱視ちゅうやつでしょう
先日、思いがけず事務所時代のF君が立ち寄ってくれた時、
てっきりまたセールスマンが来たんかいな、
と構えて玄関を開けたこともあるのですが
一目でF君とは分かりませんでした。
「Fです」と言ってくれてやっとトロい記憶回路につながりました。
なんせ、70年も使ってくたびれているというのはもちろんなんですけど
実は最近モノが二重に見える、多分乱視というやつなんでしょう。
しばらく画面に向かって仕事をするような
近い距離に焦点が固定されている状態のあとは症状が顕著で
人の顔が判別し難いのです、3M離れると目が左右に2ケ
おまけで上下に2ケあるので、認証判別困難です。
少々、長い言い訳になりましたが、そんなわけで70なんですよ。

あっという間の短い時間でしたけど、楽しいひと時でした。
今度はもう少しゆっくれ寄ってくれると嬉しいです。
翌日に、FBにコメントを書いたんですけどログインしてないようなので
こちらにも書いておきます。
ありがとね~
e0019563_091279.jpg

[PR]
by mypac | 2016-04-20 00:09 | Comments(2)
あれは昭和46年の春でした
ブログの管理に「検索ランキング」とか「記事別アクセス数」とかがレポート表示されます。
アクセス数を上げたいとか、夢々思っていませんが、どんな記事が読まれているんだろうと
気にはなりますし、投稿の前にチェックをします。
昨日は(今日のレポート)かなり古い記事の「山陰本線馬堀5最終章」がtopでした。
どんな内容だったか読みなおしてみると
書いた記事も、撮影した当時も、懐かしいですねえ。

汽車の写真って、勢い良く煙を吐いて、驀進してくる正面の勇姿が定番だけど
最後の数日なんて、誰と約束したわけでもないのに、
みんな、みんな、一様に
夕日に向かって走り過ぎていく後ろ姿を撮るアングルで
カメラを据えていましたね。
e0019563_18334873.jpg

[PR]
by mypac | 2016-04-18 18:33 | Comments(0)
痛恨の極み
中版カメラを使い出して機材は桁違いに重くなりました。
スリックマスタープロって三脚だけでも3.5キロありますからね。
ペンタックス67,マミヤスーパー23、それに35mmが2台。
晩年はそれに8mmムービー・・・
華奢な身体でよく頑張りました。

さて、ここぞと狙いをつけた山の斜面に機材を担ぎ上げ
お目当てのワンショットに向けて、怠りなく準備して何度も
イメージシミュレーションをして待つことしばし・・・

耳を澄ませていると、風に乗って奴の息遣いが聞こえてきます。
「来た!」
やがて息遣いは確かな咆哮となって山陰から姿を表します。
いやが上にも、テンションは跳ね上がります。
まだまだ、まだまだ、
待ちきれずに一枚パシャリ、また一枚パシャリ
e0019563_1355435.jpg

e0019563_1356629.jpg


ここじゃ!
e0019563_1356439.jpg


手応え十分のワンショット・・・だったのに
現像ムラで「痛恨の極み」
ここで使わなければ一生使えない
「痛恨の極み!ジャ」
[PR]
by mypac | 2016-04-16 13:59 | Comments(0)
眠れぬ夜の思いつき
あとどれくらいネガがあるのだろうと、段ボール箱をごそごそしていると
昔使っていた引伸し機のガラスホルダーが出てきました。
e0019563_1328279.jpg

蒸気機関車に熱中し、写真を撮るうちに大きな写真を飾りたくて
カメラもブローニィー版にシフトして、何もかもまっしぐらな青春時代の
忘れ物、これにペンタックス67とかマミヤスーパーなどで撮ったネガを挟んで
徹夜で焼いたものでした。

熱中時代の後半は主力機のペンタックス67で記録したもので
このブローニー版をスキャンするには専用機材が高すぎて
フラットベッドのスキャナーを使っていますが
これがめっちゃくちゃ、お・そ・い!
一本二本とかの単位ではなくて
一枚二枚スキャンするのに覚悟してかからないといけません。

で、ふと思いついたんですけど
デジカメで撮影したらスキャンしたことになるんじゃないかと
ライトボックスもまだ捨てずに置いてあったのを思い出して
早速やってみました。
e0019563_13531229.jpg

結果は・・・フラットベッドスキャナーにします。
うまくいけば3600万画素のペンタックスk1を買うつもりだったけどね~
ウソピョ~~ン
[PR]
by mypac | 2016-04-15 13:44 | Comments(0)