<   2012年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
デュエットだぜ
サ行のミックスボイスが心地よい爽やかな歌声だなあ
今頃になって夢中になったて・・・

自分らしいといえばそうなんだけど
ぼくはこれっと琴線に触れると、思い切りのめり込んで
自分の世界に時間を忘れて彷徨うような
その時ばかりは年をすっかり忘れて青春しています。

スピーカーから流れる久保田早紀さんに合わせて控えめに唄っています。
それを録音して聞いてみると、なんとチェリッシュにそっくり!!

なんてチョット言いすぎました(^.^)
e0019563_22381798.jpg

[PR]
by mypac | 2012-08-31 22:38 | Comments(0)
百万本のバラ(松山善三訳詞)
信じてくれますか  一人の若者が
小さな家を売り   バラを買いました
信じてくれますか  嘘だと思うでしょう
街中のバラを    貴女に贈るなんて
バラを バラを バラをください
ありったけのバラをください
貴女の好きなバラの花で
貴女を 貴女を 貴女を包みたい
バラを バラを バラをください
百万本のバラをください
僕の 僕の 僕の この生命
貴女に 貴女に 貴女に捧げましょう

貧しい絵描きの僕にできるのはひとつ
何もかも捨てて   貴女を想うこと
誰も知らない     心のささやきを
花びらに添えて   貴女に贈りたい
バラを バラを バラをください
ありったけのバラをください
貴女の好きなバラの花で
貴女を 貴女を 貴女を包みたい
バラを バラを バラをください
百万本のバラをください
僕の 僕の 僕の この生命
貴女に 貴女に 貴女に捧げましょう

出逢いは短く    貴女はもういない
貴女は踊り子    街からまた街へ
夜汽車の窓辺で  貴女は思うだろう
見えない愛の灯が この世にあるのだと
くるくる くるくる くるくる廻る
真っ赤なサテンのトウシューズ
残った僕の心には
甘い思い出     涙の雫
貴女に捧げた    バラの花は
枯れても 枯れても 枯れても 我が命
貴女の 貴女の 貴女の胸に咲く
貴女の姿は遠く消えても
僕の 僕の 僕のある限り
君への 君への 君への愛は
燃えて 燃えて 燃えて 燃えるよ
燃えて 燃えて 燃えて 燃えるよ
e0019563_23205016.jpg

[PR]
by mypac | 2012-08-29 23:14 | Comments(0)
久米小百合さん
何日か前に久保田早紀さんの横顔にゾッコンだと書きました。
異邦人で一躍売れっ子になっていた当時の動画をみて
やさしい透明感のある歌声に遅まきながら魅了されました。

今夜、最近の(約一年前の)彼女の動画を見つけて
見ていいものか、
見ないで若い彼女にゾッコンのままのほうがいいものか
戸惑いもありながらもそっと見てみました。

歌声にも、清楚な顔立ちにも、時の流れを隠すことはできないけれど
名前も変わって、自分の年齢に一気に近づいた彼女になぜか、ほっとしました。

夢飛行もいいですけど、唄えそうにないので
100万本のバラを練習してみようかと思ったりしています。
でも下手なダミ声で彼女の聖域に踏み込むのはどうなんでしょう。

美川憲一ぐらい(ぐらいって)でがまんしとけよって、誰か言いました?
e0019563_23581864.jpg

[PR]
by mypac | 2012-08-28 23:58 | Comments(0)
ひとつカタがついた
母が内職と頼母子講で精一杯残してくれたちっちゃなミニマムサイズの家。
今日は店子さんから明け渡しの確認立会いがありました。
ようやく積年の案件にひとつカタがついて、喉の支えがおりました。

そのせいか今日は高音がよく伸びて
DAMの精密採点で94点を叩き出しました。
おやじ譲りの音痴ですから90点に乗ることは滅多にありません。
いわゆるヒトカラつうのが少々寂しいけれど
気分よくほぼ3時間唄いまくってやりました、ガハハ

近年では5本の指に入るいい一日でしたハイ

e0019563_084822.jpg

[PR]
by mypac | 2012-08-27 00:08 | Comments(0)
あれから一週間
一度決めたことを覆すのは心苦しいものだな。
真っ直ぐ行こうか、曲がろうか、
ええい曲がろうと決めた
家族にしんどい思いをさせるけれど、これが男の生きる道・・・

あれから一週間
最善の選択をしたと言い聞かせても
心の奥にしまいこんだはずのヤツがまだ疼く
e0019563_0473479.jpg

[PR]
by mypac | 2012-08-26 00:47 | Comments(0)
ヒゲを半分剃りました
鼻の下には吹き出物の痕がまだ残っていますが
ヒゲを剃るに当たって支障があるほどではありませんから
10日ほど伸ばしていたヒゲを剃りました。
半分残っているのは、
いわゆる未練という代物です。
たった10日の未練かな
e0019563_23235433.jpg

[PR]
by mypac | 2012-08-22 23:20 | Comments(0)
一週間の始まり
何事もなかったように一週間が始まり
またイスとりゲームのような日常が続いていく

昨日くらいから、今朝は少し涼しいんではないかい
と問いかけると
「そうですねえ、ここんとこ2度ほど低くなりましたね」
と鴨居の上のデジタル時計がちゃんと仕事をしてますよ
律儀に真面目に答えてくれる。

ただ明日はどうかいと聞いても
今は23時50分、温度は29度です
としか答えてくれない。

役割分担がはっきりしている。
そんなデジタル時計がちょっと
「君は単純でいいね」と思えたりする。

e0019563_23552976.jpg

[PR]
by mypac | 2012-08-20 23:55 | Comments(0)
想定外
自分の中では「終わった」と思っていましたから
もう一度ネジを巻くのは全く想定外です。

「決めたことですから」と言う選択肢もあったけれど
人の心は受けるのが流儀、
この道を選んだ時もそうでした。
「その時」が来るまで、何かお役に立つのならと、
ちっちゃなプライドは心の奥にしまいこんで。

社長のお供でマイクが回ってきた時のために
一つ二つレパートリーを増やす時間はあるのかな。
e0019563_2049627.jpg

[PR]
by mypac | 2012-08-19 20:49 | Comments(0)
社長の顔
専務からは社長決済と聞いていました。
後ろをむいた人間は止めない、
あのTさんですら遺留しなかった社長のことです
午後一に呼ばれた時には「来るべき時が」と思いました。

しばらく愚痴とも心情とも、いつもの社長にしては
いささかハギレの悪い話が続いて
いつ自分の出処進退の話になるんだろうと、聞いていますと・・・
どうもこれは「もうしばらく残れ」ということ?
「その時が来たら、また話をしよう」って
その時って、今じゃないの?

従業員としての能力的には引き止める材料はない老兵、
想定外の話にとまどいましたが
ローンを抱えた年寄りをほおり出すわけにはいかんやろ
と社長の浪花節が遠まわしに聞こえます。

再独立の夢が先送りになりました。
e0019563_195729.jpg

[PR]
by mypac | 2012-08-18 19:57 | Comments(0)
終わったな
終わったな・・と感傷的になるのかと思っていたけれど
意外と吹っ切れた感があって、サバサバした気分です。
ただこれからの生活を考えるとテンションが下がっちゃいますけどねぇ。
ままよって心境です、、、「ままよ」ってここで使う?

お盆前に鼻の下から口の上にかけて(どのへんやねん)
熱の花、アクチ、吹き出物みたいなモノ(どんなんやねん)
ができまして、ヒゲが剃れなくなり、そのまま一週間ほどでこんな感じになりました。
顎は普通にそれるんとちゃうんというところですが、
ままよって感じです。。。違うか、、、ままよっ
e0019563_21332612.jpg

[PR]
by mypac | 2012-08-17 21:33 | Comments(0)