<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
価格以上
望遠端f5.6つうのは流石にちょっと辛いです。
せっかく操作性の良いDAレンズですが、f5.6ではピントの切れも悪く
ファインダーも暗くてMFは快適とは言えません。
普段はAFにまかせてマクロとか近接撮影の場合にダイレクトMFで
「荒取り」をしてやるような使い方がいいみたいです。
なによりも小型軽量で良く写るレンズです

e0019563_23344132.jpg
DA50-200mm/125mm、f8.0です。
これだけ逆光が撮れれば合格、
コストパフォーマンスは申し分ないです。

e0019563_23415787.jpg
DA50-200mm/50mm、f8.0です。
広角端50mmがこんなに便利だとは思いませんでした。
35mm換算で75-300mm相当ですが守備範囲の広いレンズです。

e0019563_23502045.jpg
気軽に持ち出せるサイズとラフに扱っても精神衛生的に負担の少ない価格、
噂にたがわぬ良品だと思います。
[PR]
by mypac | 2007-05-30 23:34 | DA50-200 | Comments(0)
なかなかいいと思う
昨日は逆光性能に難ありと書いたけれど
もう少し検証してから結論を出したほうが良さそうです。

というのは
e0019563_235413.jpg

e0019563_2351931.jpg
この2カットは続きカットで、同じ場所でほぼ逆光を向いた状態と
ほぼ順光を向いた状態です、
最初のカットがコントラストが低くてフレアっぽい感じがしたのですが
どうやら露出オーバーが原因のように思えます。
逆光で暗く沈んだバックに露出が引っ張られてシャッター速度が1/350になっています、
2枚目の順光向きは1/1500ですから、実に2段違います。
2枚目の順光のほうは適正露出に見えますから
1枚目の逆光の方はかなり露出オーバーでコントラストが低くなってしまったようです。

e0019563_23172056.jpg
これは完全逆光ですが、しっかりコントラストがあります。
レンズうんぬんよりも適正露出を見極めないといけませんね。

ところで3枚目の写真もDA50-200mmなんですが、
ちょっと広角のようにも見えます。
50mmからの望遠ズームのワイド端ですが結構便利、
70-210mmより体感的には倍くらい広く感じます。
[PR]
by mypac | 2007-05-29 23:28 | Comments(0)
DAレンズの使い勝手
AF作動をAFボタンで使っていると、普段は置きピン状態です、
ピントリングを回せばいつでもMFです。
このことが一番ありがたいのがマクロ撮影ですね。
最短距離が1.1mですからマクロとも言えないですが
鉄道写真のかたわら、列車待ちの手持ち無沙汰の時間つぶしに
そばの草むらで遊んでみました。

e0019563_20241993.jpg
DA50-200mm/150mm、f5.6
右の花のてっぺんまで入れる予定でしたが、ピント合わせに気を使っているうちに
中途半端な切れ方になってしまいました(~_~;)

e0019563_2030722.jpg
DA50-200mm/200mm、f6.7
コンパクトなズームですからボケは期待してなかったですが
予想通りあまりきれいとは言えません。
特に前ボケはソフトレンズのような芯のあるボケでコマ収差が大きいように思います。

単焦点でも前ボケがきれいなレンズは少ないですから
このクラスのズームレンズには無理難題といったところかな。

願わくば最短距離が20cm近ければ全て許せたんですけどねえ、
明日にでもUPしますが、ペンタックスレンズとしては意外に
逆光性能がよくなかったんですよね、これはちょっと誤算です。
[PR]
by mypac | 2007-05-28 20:44 | 中古レンズ | Comments(0)
単独行
この時期は、いざ撮影に行こうと思っても
花も風景も、これといった被写体が思い浮かびません。
そんなときは鉄道写真がいいですね。
列車が走ってくればそれだけで撮影対象になりますから。

昨日入手したDA50-200mmの試写も兼ねて
廃線の決まっている三木鉄道を訪ねました。
e0019563_23255461.jpg
カラーリングは違いますが車両は北条鉄道と同じ形式のようです。
レンズは入手したばかりのDA50-200mm/望遠端200mm、f9.5です。

今日はDA50-200mmをK10Dに、
DA16-45mmをDSにつけたまま一切レンズ交換なしです。
逆の方が似合いそうですが、一応望遠の方を手ぶれ補正した方が良いだろうと思いました。

来年三月で営業終了とのことで、三木駅では数人の鉄道ファンを見かけました。
沿線を歩いて全線走破をしている人もいました。
三木鉄道の終点はJR加古川線「厄神」です
e0019563_2353207.jpg
厄神を出てすぐに加古川線が加古川を渡る鉄橋があります。
SL時代から替わっていないと思える断面の小さい非電化区間用のトラス橋が郷愁を誘います。
レンズはDA50-200mm/180mm、f6.7です。

e0019563_23534746.jpg
どこかに水の張られた田圃はないかと探しましたが、三木鉄道沿線にはなく
北条鉄道でようやく見つけました。
レンズはDA16-45mm/18mm、f8.0です。
[PR]
by mypac | 2007-05-27 23:54 | 鉄道写真 | Comments(8)
三本目のDAレンズ
経営統合で先行き不透明なペンタックスですが
消滅することはないでしょう。
いろいろと浮気はしながらも40年を超えるお付き合いです。
先のことは判りませんが当面のメイン機はペンタックスであるのは間違いありません。
まもなくf2.8通しのDA☆ズームが発売されるのは衆知なんですが、
とてもとても手が届きませんから、まあ関係ない話です。

今回、3本目のDAレンズは
リーズナブルな価格でありながら評判の良いDA50-200mmです。
e0019563_1952840.jpg


AF作動をシャッター半押しを使わずにAF専用ボタンで使っているので
レンズはDAレンズが一番使い勝手がいいです。
DA16-45mmとDA10-17mmフィッシュアイを使っていて実感していますから
次はDA70mmか、DFA100mmマクロか、DA50-200mmかな、と思っておりました。
先日社長から全員に「お小遣い」が奮発されたのを何か形に替えておこうと思っていた矢先、
大阪駅前の老舗カメラ店に新品同様のDA50-200mmを発見!
取り置きの電話を入れてあったのを本日引き取ってきました。

e0019563_19585146.jpg
左端は現在のメインレンズ、シグマの70-210/f3.5-4.5です。
右端はA135mm/f2.8単焦点です。
中央が今回ラインナップに加わったDA50-200mm/f4.0-5.6です。
体積も重さも比べ物にならないくらいコンパクトです。
レンズのスペックは「明るさ」が水戸黄門様の印籠のような威厳がありますが
ぼくは、気軽に持ち出せるかどうかにも評価点は高いですから、
手のひらに収まってしまいそうなこのレンズには期待してます。
DA16-45mmとのつながりもいいですし、
シグマ70-210mmを使わなくなるくらいに写ってくれると嬉しいんですけどね。

さて明日はどこへ行きましょうか
[PR]
by mypac | 2007-05-26 20:29 | K10D | Comments(0)
北条鉄道
先日、友人と撮影に行った北条鉄道へ一人で行こうかな。

ローカル色の残る印象の良い線区でしたからね
ゆっくり気ままに単独行もいいかも知れない。

e0019563_13274691.jpg
近隣の三木鉄道の廃線が決まっているそうで、
この北条鉄道もそう長くは続かないような話を聞きました。

朝刊にJR山陰線の餘部鉄橋が載っていました、
まもなく架け替え工事が始まるらしい。
青春時代から、あの線区がなくなるとか、
あの形式が消えるとか、
慌てて走り回っていましたけれど、もう時々鉄道ファンですから
いまさらバタバタすることもありません。

e0019563_13442012.jpg
餘部は遠いけれど、このローカル鉄道なら、ふと気が向いて
行けるかな、それでもちょっと遠いかな、
近いか、遠いか、その時の気分で変わりそうです。
[PR]
by mypac | 2007-05-20 13:45 | 鉄道写真 | Comments(0)
もっと望遠
むかーし、若かりし頃、望遠といえば135mmが一般的でした。
特に鉄道写真では望遠の圧縮効果が大きくて200mmともなると
列車が寸詰まりな感じがして美しい編成美が台なしでしたから、
標準から長焦点あたりが好きでした。

e0019563_23521674.jpg
ぼくの愛用している望遠レンズは70-210mmズームです。
35mm換算で300mm超相当の画角になります。
最近の望遠ズームの主力は300mm、昔では超望遠の世界です。
いまやコンパクトカメラで400mmの超望遠が普通に売られているの見るにつけ
隔世の感がします。

今回、P社の新型のデジカメの筐体に関わる仕事がありまして
塗装済み筐体にある程度の外装部品が組まれたサンプルが机の上にあります。
これが発表されるのはいつ頃なんでしょう。
28mmからの18倍ズームって500mm超ですねえ(◎-◎)
そのうち800mmとか1000mmとか・・・
[PR]
by mypac | 2007-05-17 00:21 | 鉄道写真 | Comments(0)
先行き不透明
ペンタックスもコニカミノルタに続くのか
HOYAとの合併にからみ、色々と騒がしいですが
今日はまた本社売却とか、一部分のみをとらまえて見ると
かなり末期とも思える報道がありました。
早速、ボディ、レンズ一式処分したとかの書き込みもあって
戦々恐々、穏やかではないですねえ。

e0019563_2252639.jpg

最近の「ボディは初期ロットとは別物」とかの記事を見るにつけ
早まったかな、と若干後悔してます。
一番の問題はピントのばらつきなんですけど、
それがボディなのか、レンズなのか
切り分けが出来ないのです。

検証にDA70を買うわけにも行きませんし。
もうちょっとはっきりしたら、リペアサービスでメーカーに調整を依頼するつもりです。
[PR]
by mypac | 2007-05-10 23:07 | Comments(0)
機種変

36ヶ月も使ったケータイを久しぶりに換えました。
Auの春モデルを見てアクオスケータイにしようと思っていたのですが
ちょっと評判がよろしくありません。
第二候補のW52Tも散々な評価ですし、
色々迷った挙句、一つ前のモデル(と言っても三ヶ月ですけどね)のW44Sにしました。
e0019563_2157515.jpg

最初に見たときの印象は、
「このヒンジはありえない、絶対邪魔になるやン」と即却下。
だったのに、
結局それを買うって、どんな心境の変化なんでしょうね。
まあ、ちょっと変わったものも面白いかな、
気になっているモデルで一番安かったこと
シルバーが完売になっていて、もう入荷しないとのこと、
などなど、

で、一番最初に撮ったフォトは
・・・分かる人には分かるでしょう``r(^^;)ポリポリ
[PR]
by mypac | 2007-05-06 22:05 | Comments(6)
時々鉄道ファン
年間通して、何日かは鉄道ファンに戻る時があります。
新型のかっこいい電車は若いファンに任せて、
時間軸を巻き戻したノスタルジックな夢を見に出かけます。

e0019563_1325550.jpg
JR加古川線粟生から北西に向かう第三セクターの北条鉄道です。
晴れた5月の青空の下、古い友人と至福の一日が暮れて行きます。
この日最後のターゲットを暮色の空を背景に狙いました。
撮影直後デジカメのLCDで確認した時には、後の山がシルエットに見えるだけで
車両は何にも見えませんでしたが、露出アンダー側はかなり粘ってくれます。
なんとかイメージに近い状態まで補正できました。

e0019563_1323191.jpg
目的の撮影を終えて家路に着くと、西の空が染まってきました。
道路に併行して線路がつかず離れず見えています。
もう一本いっときますか。
加古川線青野ヶ原駅付近です。
刻々と光量が落ちて、夕空の赤みもよどみ暗くなってきました。
主役(電車)のいないまま、何度も試し撮りをしてギリギリの妥協点を探します。
ISOを800まで上げて、露出補正をマイナス1.0、絞りは開放f4.0
全てはなんとか列車を写し止めるシャッター速度を稼ぎたい一念です。

e0019563_1341194.jpg
流石に真横のカットは被写体ぶれが目立ちます。
最後のカットは無意識のうちに少し流し撮り状態です。
結果的に空の雲が流れて幻想的に撮れていました(^^ゞ
[PR]
by mypac | 2007-05-04 13:48 | K10D | Comments(0)