<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
バラの渦
桜を追いかけていた春もすでに遠く、
もうバラが咲きました。
BLOGもせめて1週間に1度は更新しないとなあ。
出勤前にあわただしく取材?してきました。
花の渦にめまいを覚えるようなやっつけ仕事です。

e0019563_2054275.jpg
e0019563_2054973.jpg
e0019563_20541778.jpg


会社の近所の農業公園と言うところですが、特に田畑のモデルがあるわけでもなく
「農業」という由来が不明です。
毎朝通っているのか、「あら、これも咲いたね」とご婦人が二人、
指差して通り過ぎてゆきます。
パートにでも出かけるのでしょうか、
朝は、みんな急ぎ足で。
[PR]
by mypac | 2006-05-25 21:09 | Comments(12)
イヌブナ協奏曲
希望に満ちた芽吹きの光景はいつも見てもエネルギッシュです。
前回のカラマツもフォトジェニックでしたが、薄い葉の透過光が美しい
広葉樹の新緑は格別に心地よいですね。

撮影はGWの六甲高山植物園です。

e0019563_2334197.jpg
e0019563_2335489.jpg
e0019563_2341061.jpg
e0019563_2341885.jpg
イヌブナの芽吹きです。
4枚も並べる価値もないのですが、
各々の表情が捨てがたく、質より数で見ていただくことにしました。
[PR]
by mypac | 2006-05-16 23:10 | Comments(4)
カラマツの春
針葉樹には珍しく、落葉するカラマツ。
広葉樹の芽吹きとは一味ちがうフォトジェニックな春です。

e0019563_22363025.jpg
思い思いの方向に背伸びをするようなカラマツの目覚め


e0019563_22382480.jpg
カラマツ林に色を添えるミツバツツジ

e0019563_22405729.jpg
胴吹きの新芽は赤ちゃんの愛らしさ

e0019563_22524040.jpg
秩序がありそうで、なさそうで、やっぱりありそうで、
美しいパターンを探すのが楽しい写真の醍醐味。


信州や上高地のホンモノとはスケールが違いますが
森林植物園でお手軽信州気分を満喫してきました。
[PR]
by mypac | 2006-05-10 22:53 | Comments(2)
惜春
今年は春が遅くて、約ひと月に渡って桜を楽しみました。
佐々里峠の八重桜はそろそろ満開になったかな、
GWはずっと良い天気が続いていましたが、
連休最後の一日は雨になりました。
明日はまた晴れ、雨上がりの天気が回復した朝は
もう絶好のシチュエーション、いままでのような自由業なら
多分、出動したことでしょう。

e0019563_23253475.jpg
山里の小さな学校のプールに散花模様

e0019563_23262864.jpg
古いベンチに散った命と、生まれてきた命。

e0019563_23283694.jpg
畑の畝をひときわ際立たせる花びらの白い線

e0019563_23303724.jpg
苔むす庭を埋め尽くして春が過ぎていきます。

いっぱい桜を撮りました。
今年の春は自分にとっていつもと違う感慨深い春でした。
来年の桜と逢う時は、おだやかな心で対峙できるかな。
[PR]
by mypac | 2006-05-07 23:44 | Comments(6)
2週続けて
恒例の佐々里峠詣でです。
先週は友人と、今回は単独行です。

e0019563_019284.jpg
佐々里峠南側の広河原集落、朝5時半の風景です。
先週友人と訪れた時は全然咲いてなかった桜が多少咲き始めていました。
今年は春が遅れてますね、早い年よりは10日ぐらい遅い気がします。

e0019563_0244988.jpg
これが光岡ゼロワンでしょうか、車マニアではないので自信はありません。
ドライブしていたのは自分と同年代のご夫婦と見えました。
素敵な人生ですね、男のロマンに黙って寄り添うように峠を駆け抜けて行きました。

e0019563_0344973.jpg
佐々里峠の入り口には立派な山桜のトンネルがあるのですが、
今年はまだ咲いていませんでした。
プチオープンカー気取りで
サンルーフいっぱいに満開の桜・・・のはずでしたけど。

e0019563_0381226.jpg
佐々里峠はすっきりとは晴れなかったのですが、
峠を下りて半分ほど帰ってくると高い雲もなくなりました。
本梅川堤の若い桜並木もだいぶ立派になって、八重桜が満開。
この日最後のカットです。
[PR]
by mypac | 2006-05-03 00:52 | Comments(6)