<   2006年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
塒へ
夕陽が沈み西の空のグラデーションがきれいです。
グループのリーダーが
「そろそろ帰ろうか」とでも言ったのでしょうか
数十羽の白鳥が池の南側へゆっくり移動したかと思うと
バタバタバタと水面をランディングして飛び上がりました。
e0019563_1826958.jpg
このグループはそのまま真っ直ぐ北へ向かって小さくなっていきましたが、
実はこの前に上がったグループは
「みんな揃っているか」と確認をするようにぐるりと池の上を一周してから北へ向かっていきました。

More
[PR]
by mypac | 2006-01-31 18:54 | Comments(6)
午後の部は
昼食後ももうちょっと鉄ちゃんをやるつもりで、撮影ポイントを求めて車を走らせたのですが、
ここというポイントもなく、伊吹山の麓を行ったり来たり、
結局は湖北の夕景ポイントへ向かうことにしました。
竹生島が見えてきて、もうまもなく目指すポイントというあたりで
道路右手に大勢のカメラマンや群集が、
そしてその視線の方向には白鳥の大群。

e0019563_2246841.jpg


More
[PR]
by mypac | 2006-01-30 23:36 | Comments(4)
A1再評価
友人と鉄道写真撮影に出かけました。
昔を懐かしんでの撮影行ですから、ずーっとその道一本の鉄ちゃんではありません。
青春回顧趣味的鉄ちゃん。

e0019563_923483.jpg
雪化粧の伊吹山をバックに最高のロケーション。
やってくる電車の形式も知らなければ、
そばで談笑する鉄ちゃん同士の話の内容も
どこの国の言葉??状態、まさに浦島太郎です。

e0019563_9415886.jpg
新幹線網が整備されて在来線は総ローカル線になってしまいましたが
それでも流石に東海道本線、かつての大動脈ですから、列車本数も多く、
半日で撮影ポイント3箇所を堪能。

昼の腹ごしらえのあとは湖北へ行くことにしました。
以下明日。

e0019563_9422657.jpg
列車ダイヤを知り尽くしているのか、
列車が通過する直前になると車から出て撮影体制に入る女性鉄ちゃん。
このディマージュA1で撮ったカットを見ていて、ふと気が付きました。
200ミリ相当の望遠で撮っているのにバックの伊吹山のスキーリフトがはっきりわかるほど
ピントがきています。

ちなみに電車を撮ったカットの上はデマージュA1
下はペンタックスDS+16-45です。
くらべてみるとデマージュA1の方がシャープに見えます。
撮像素子が小さい=レンズの実焦点距離が小さい、ことによる被写界深度の深さ、
A1の手ぶれ補正が効いている、
コンデジの絵作り、輪郭を立ててシャープを協調、
などによるのでしょうが、A1も捨てたもんじゃないと再評価しました。
[PR]
by mypac | 2006-01-30 09:57 | Comments(8)
安物買いの銭失い
相変わらずやってます、ジャンク漁り。
当時の標準ズームの高級クラス、35-70/2.8-3.5
送料かと思える価格で、思わずポチッとやっちゃいました。

e0019563_1392396.jpg
到着したレンズを見て、外したあ~(‥;)
全面とは言いませんが、今まで手にした中で最強クラスのカビです。

More
[PR]
by mypac | 2006-01-28 13:32 | Comments(0)
かたやペンタックスは
あーー、もうマンネリのistDL2ですかあ。
昨日のオリンパスE330の衝撃とは対照的に
いつまで同じ金型で新機種に化粧直しするんだろう、と
ペンタックスユーザーとしては歯がゆい思いがします。
e0019563_106745.jpg

多分提携先のサムスンにOEM供給したモデルの国内版だと思うのですが
この機種を出さないといけませんかねえ。
基本的にはなんの変り映えも特徴もないエントリー機種ばかり4機種も_(・・)φボーー
噂の手ぶれ補正機構組み込みのデジイチの開発発表ぐらいしてもいいと思うんですけどね。
[PR]
by mypac | 2006-01-27 10:10 | Comments(10)
E330発表
E330が発表になりました。
いよいよデジイチでも液晶を見ながら撮影できるんですね。
e0019563_155931.jpg


More
[PR]
by mypac | 2006-01-26 13:33 | Comments(4)
OMアダプターの製作2
そのうちにやってみます、と言っても
すぐにやるんじゃないの
とご期待の皆様にお応えせねばなりません。


e0019563_14481192.jpg
構成部品はこれだけです。
上のひとつがフォーサーズレンズから外したレンズマウントです
下のふたつがOM中間リングの構成部品、オート絞り機構は外しました。
表と裏のマウントは手の施しようがないので、
真ん中のスペーサー本体を薄くします。

More
[PR]
by mypac | 2006-01-25 15:31 | Comments(0)
OMアダプターの製作
E300にレンズを増備しようにも、梅レンズ(スタンダードクラス)以外は高いです。
自分のお小遣いではとても手の届かない高嶺の花です。
分相応なところで遊んでいるのが大怪我をしなくていいのかもしれません。

今日はOMアダプターを製作しました。
古いオリンパスレンズをE300に装着するためのコンバーターなんですが
ひとつはE300購入の際、希望者に配布されたので純正の立派なモノがあるのですが
レンズ交換の利便を考えて、もうひとつ製作しました。

e0019563_21103245.jpg
素材はスタンダードズームの14-45とOMレンズの中間リング7ミリです。
レンズはジャンクで以前に1000円で押さえてあった物ですが、中間リングはちょっと高かったかな、
なにぶん、思いたったらすぐでないと気がすまない性分で(^ー^)
レンズのほうはジャンク不動品がひょんなことで直ってしまい、
実用レンズとして何の支障もなく稼動中だったので、クラス上のレンズを調達したとは言え
部品取りにするのは気が引けますが、一応予定通りということでマウントのみ利用しました。

More
[PR]
by mypac | 2006-01-24 21:45 | Comments(4)
思い出ばかり
e0019563_23124433.jpg百年の歴史を持つカメラメーカーが幕を閉じるんですね。
人の手がモノを創っていた時代はもう過去の時代なのかも知れないなあ。

蒸気機関車を撮っていた頃の機材。
手前がマミヤC220、
奥がマミヤプレススーパー23
特にプレスはシンプルで丈夫なカメラでした。
多分、自分が踏んだくらいでは壊れないと思いますが
その丈夫なプレスを凹ませるほど乱暴な扱いをしてましたけど
写真はちゃんと撮れました。
骨太な時代でしたねえ。
[PR]
by mypac | 2006-01-23 23:26 | 昭和40年代の鉄道写真 | Comments(2)
時代が動いて
ミノルタは元々関西の企業ですから、知らず知らず応援していたのかもしれません。

頑なまでに保守的なニコン、技術革新に邁進するキヤノンの2トップに対し
エポックメイキングな製品を出しつづけ、チャレンジ精神旺盛でした。
デザイン面でも一貫したポリシーはないのかと思えるほど挑戦的でした。

e0019563_16334625.jpg
なかでもxiシリーズは、それまでの一眼レフ然とした直線的な各社似たり寄ったりのデザインから
飛びぬけて、曲線を多用し、ボタン類を減らし、
デザイナーの声が聞こえてきそうなスタイルでした。
自分にとってこのα9Xiがフィルム一眼レフ最終ボディなんですが、
はっきり言って、多機能を兼用させたファンクションボタンを筆頭に操作性は悪かったです。

その後、反作用のようにガンダムデザインになって、単機能ボタン、レバーがところ狭しとならぶ
アルファ7、9に至るのですが、自分が買い換えることはなかったです。
フィルムカメラは性能面ではほぼ熟成されていましたから、新型が出たからと言って
撮れる写真が大きく変わるわけでもなし、使い慣れたボディでいつまでも楽しめました。

なんてったて1/12000のシャッター速度は世界唯一この機種だけ(後にα9にも搭載)で
ミノルタイズムに満ち溢れたカメラでした。
[PR]
by mypac | 2006-01-20 16:59 | Comments(2)