<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ジャンク品
某オークションでフォーサーズレンズのジャンク品を発見し、
かねてより考えていたマウントコンバーターに挑戦すべく、速攻で落札しました。

届いたレンズは、たしかにジャンク品でズーミングの際、引っ掛かりがあり
丁度レンズが一番短くなる25ミリあたりでクリック感があり、異音がします。
AFも効きません、電子ファーカスですから、当然、MFもできません。
予定通り、レンズマウントを利用することにして分解しました。

分解してみると、こりゃ最近のレンズはショックに弱そうだ、と思いました。
各種制御及び情報伝達の電子部品がところせましと・・・
このあたりはトンと分からない世界なので、とりあえず目的は
E300にペンタックスのレンズを装着できること。
素材は、取り外したマウントとペンタックスの接写中間リング。

昨夜、仮装着まではこぎつけたのですが、ありあわせの為に
フランジバックが合わず、無限が出ないどころか
超接写クローズアップ専用状態です。
(ー'`ー;)う~ん弱ったなあ、現在対策を検討中です。

e0019563_9433387.jpg

とりあえず、今夜は一度、元に戻しておこうと、レンズを組上げましたら
なんと、AFが作動しました。
別にこれと言ってどこも直してないのですが、考えられるのは
画像左の15個並んだ接点の裏に距離情報演算用と思われる
エンコーダーの接触子があるのですが、それが一本わずかに曲がってましたので、目測で曲げ戻しておきました。
自分が分解の際に曲げたのではないなら、これかなと思います。
直すつもりもなかったので、写真を撮ってないのですが、撮影のためだけに
もう一度分解しようとは思わないですね、集中力全開でないと、自信がないです。
仕事でもそうですが一旦やったことを、もう一度手直しとかで手をいれると
まず最初より良くなったことがありません。

偶然AFは直ったようですが、ピント位置が怪しいことと
ズーミングの違和感はそのままなので、当初の目標貫徹
次は完成したマウントアダプターの写真が載せれるようにしたいと考えてます。
[PR]
by mypac | 2005-09-30 10:20 | Comments(0)
オリンパスが先かあ
オリンパスからE500が発表になりました。
昨今のE300の値下がり具合を見ていると、そろそろかなあとは思っていましたが、
意外に早く、11月11日発売だそうです。
機種名からはE300の下位機種のようですが、実質は全ての面で改良されているようで
今更E300をあえて選ぶ理由はないようです。
現在使っていて、E300で気になっているファインダーと液晶がが良くなったようなので、そそられますねえ。
e0019563_23421880.jpg

ほんとはペンタックスに新型1000万画素クラスを期待しているのですが、
しかも噂では手ぶれ補正が載るんではないかと、・・・なかなか動きがありませんねぇ。

先週末から今週にかけて数度、撮影に出かけました。
ある日はE300で、またある日はDsでと、どちらにも長所短所がありまして
アルファsweetDと入れ替えるならどちらを里子に出すか思案中です。
[PR]
by mypac | 2005-09-27 23:48 | Comments(3)
ソフトレンズ
最近、このBLOGを週1~2回更新するのがやっとでしたが
久しぶりにHPを更新しました。
満月を撮ったソフトレンズで初秋の山里をスケッチしてきました。
HP更新作業に際して、掲載画像を10数点用意したもののうち
内容がダブったりして、数点を外しました。

例えば
e0019563_13142066.jpg

これなんかは気に入っているのですが、他のカットでコスモスを使ったのでダブりますし


e0019563_13151026.jpg

かなりのあつさにばてた撮影の後半では集中力がなくなって
枯れた花を整理するのを忘れました。


組写真は基本的に3枚、多くて5枚です。
分かってはいるのですがついあれもこれもと
ひとつのコンテンツに10枚もの画像を並べています。

e0019563_13211269.jpg

なかには、こんなカットもいるかなあ、と思ったりして用意したのですが
並べてみると、やっぱり冗長な感じがしてボツにしました。


そこまで言うなら、さぞかし中味の濃いものが出来ただろうと思いきや
毎度の事ながらいろいろ並べただけ、なんですけどね。

なんとなんと10ヶ月ぶりの更新でした。
[PR]
by mypac | 2005-09-26 13:29 | Ds作例 | Comments(2)
十五夜
昨夜は仲秋の名月
ソフトレンズで撮ってみたいと思っていたことが実現しました。
淀川右岸から見る大阪北のビル街の夜景はなかなか見ごたえのあるものです。
かねてよりこのビル街の上に大きな満月を配したいと考えていました。
それもありきたりではなく、ソフトレンズで光を滲ませたらどんな風になるのか興味津々。
望遠で月を大きくしてビルと組み合わせるには月の出から15分くらいしかチャンスがありません。

数日前に下見をして、意気揚揚と河川敷に布陣をしました。
残念ながら東の空が霞んでいます、低い位置では撮れないかもと案じながら待つことしばし、
出ました、かすみのおかげでオレンジ色の淡い月です。
ところが月の出る場所が想定とかなり違っていて、布陣した位置ではビルが入りません。
急遽、場所移動、その間にも、容赦なく月は高度を上げてしまいました。
実は画面右に配した更に右に特徴的なビルがあるのですが、
そこまで移動する間がなかったのが残念至極。
e0019563_7531294.jpg


数カット押さえてから更に右へ場所を変えたのが2枚目の写真です。
月の横に写っている2本の光跡は大阪伊丹空港へ着陸する飛行機です。
上の写真はノートリミングですが、下の写真は1割ほど下をトリミングしましたので
わずかに月が大きくなっています
e0019563_8165715.jpg


ソフトレンズで挑戦した十五夜の月はまあ一応撮れたから60点、
また挑戦できる日もあるでしょう。
[PR]
by mypac | 2005-09-19 07:54 | Comments(3)
必然性
今夜タイミングよくカメラの話ができる友人が来てくれました。
苦労して、ミノルタレンズをペンタックスへ装着できるようにしたのですが、
その苦労話をできる相手がいなくてうずうずしておりましたから、
まさに渡りに船です。
そこまで聞きたくもないという表情の彼に、
有無を言わさず自慢話をとくとくと吐き出しまして、
あーーすっとしたああ。

このレンズで18日の満月を撮るつもりです。e0019563_22572126.jpg
[PR]
by mypac | 2005-09-16 22:58 | Ds作例 | Comments(0)
ソフトレンズ
e0019563_7371452.jpg

以前に工作していたコンバーターを使って実写してきました。
ペンタックスのボディにミノルタアルファ用レンズを装着。
なかでもぜひ使いたかったのが、この100ミリソフトレンズです。
レンズとボディの間にマウントコンバーター(自作)を挟むために、
そのままではフランジバックが伸びてピントの調節範囲が近距離(接写)に限定されてしまいます。
そのため無限を出すためにコンバーターには1.4倍のテレコンレンズを仕込んでありますので、
焦点距離は140ミリになり、その上にデジイチの受光素子サイズの関係で1.5倍相当
すなわち、実質の焦点距離は210ミリになります。
もともとの100ミリの倍以上になってしまって、かなり望遠のソフトレンズです。
怪我の功名といいますか、蝶やトンボを撮るのには都合が良くなりますが
花やポートレートには長すぎて使いにくくなります。
また、自作コンバターでは絞りの調節を考えてはありますが、自由にコントロールできません。

このレンズを自由に使いたい。
その一心がアルファsweetDを購入候補に押し上げています。
e0019563_7572741.jpg

[PR]
by mypac | 2005-09-15 08:00 | Ds作例 | Comments(1)
クリーニング
フィルムスキャナーの分解清掃にチャレンジ。

エラーのコメントが「光源の光量不足」ということなので
分解して掃除をしてみることにしました。
ひょっとしたら埃まみれになっているか、レンズが曇っているか、
その辺りを清掃すれば直るかと思って外装筐体を外して見たのですが、
見える部分は意外と綺麗です。
画像のミラーの対面に光源があるのですが、これも綺麗なモノです。
もっとはっきり「あーこれだけ汚れていたら・・・」と原因がはっきりするのを期待していたのですが、
やっぱり、キセノン光源そのものの劣化なのかなあ、と諦めムード。
でも折角ですから、光源の表面はOAクリーナーで清掃、
ミラー、及びレンズの表面は綿棒しか入らず拭き取り残りのクモリがいやなので
綿棒で乾拭きにとどめました。
綿棒に全く汚れが着いてこない状態でしたので、結果はあまり期待できませんが、
元通り組上げて、接続通電、ソフトからスキャナーを起動すると、
何事もなかったように復活しました。
早速ネガを2本スキャンしました。
気のせいか、以前よりコントラストが高いような申し分ない画像が取り込めました。
あまり長く持つとも思えませんが、とりあえず復活しました。
e0019563_16524832.jpg

[PR]
by mypac | 2005-09-14 16:53 | Comments(0)
動かなくなった
連日の重労働に耐えかねてか、フィルムスキャナーが仕事をしなくなりました。
もうかなり前から光源が弱っているのは分かっていたのですが
なんとかだましだまし使っておりました。
しかし、ついに先週土曜日に寝たきりになり、
電源は入るものの、仕事はしなくなりました。
2日ほど電源を切って自然治癒を待ちました(笑)が今日もダメ。
古い機種なので、スピードが遅くて、一本スキャンするのに2時間近くかかります。
これを機会に新しい物にしようかと思いますが、最近はデジカメばかりでフィルムを使っているわけでもなく、
古いモノクロネガのデジタル化だけなので悩ましいところです。
同じ機種の中古をゲットして、本体のみ交換するのが
ドライバーや接続コードやらがそのままでいけるので、いちばん簡単かなあ。e0019563_8524520.jpg
[PR]
by mypac | 2005-09-12 08:53 | Comments(1)
懐かしい友人
仕事がふた息(一息ではなく)ついて、古いネガをスキャンしてましたら
片隅に懐かしい友人を発見しました。
会社には同期で入ったのですが、なぜかぼくが一才年上で、
ぼくのことを「アニキ」と呼んでました。
後日、彼の弟もぼくに対して「アニキ」と呼んでましたが
実の兄も「アニキ」と呼んでいましたので、3人で一緒になると
ややこしいことになりました。

社会人になると利害が絡んで親友ができ難い、と言われますが
彼とは、ほんとに気の合った友人でした。
過去形なのは、彼は若くして逝ってしまったので、
もうぼくの友人としては記憶の中にしか生きていませんのです。

知人が逝ってしまうのは悲しいことですが、
それは、自分の思い出が、一緒に逝ってしまうからだ、と
何かで読んだことがあります。

彼(アイ君)を思うと、まさにその通りだなあ、と感じます。
SLを追いかけて、ぼくのバイクの後部シートや
夜汽車の隣の席によく一緒にいましたからネ。

写真の彼に向かって一方通行でしか、思い出話ができないのは
心寂しいものがあります。
e0019563_167503.jpg

[PR]
by mypac | 2005-09-09 16:08 | 昭和40年代の鉄道写真 | Comments(4)