ペンタックスK70の好感度
好感度と書いたものか、高感度と書いたものか
迷った挙句に好感度と書き出しました。
何かというと
ISO102400が標準出力でカバーされていること
言い換えれば、デジタル増感で必要ならISO409600も出せますよ、
みたいなちょっと小賢しいスペックではないこと。
そんな高感度使わないってのは重々承知だけど
写真の世界って、非日常の視覚が面白いという面も
大いにあるから、ロングタイム撮影や、超高速カメラや、超広角や、超望遠や
人間の視覚を遥かに超えると、見たことのない世界に魅せられてしまう。
それならK1は204800だということだけど
クラスが違うし、そこまで本気モードでもないし。
ましてやほかのメーカーはとかはペンタックスと遊ぶ日々とは関係ないし。

3日続けてK70の話で、購入意欲満々とは思わないで欲しい。
他にもペンタックスらしく機能満載、コスパ最高なんだけど
ハードが凡庸すぎて、LV-AFがよくなったらしい以外は進歩を感じない
それに発売開始までタイムラグがあるので、その時には熱が冷めてるのが常で
newsを見て3日目の今日はすでに少し降下しています。

e0019563_15064159.jpg


[PR]
by mypac | 2016-06-12 15:07 | Comments(0)
<< リアルレゾリューションって ペンタックスK70が気になる理由 >>