追憶ブルートレイン「さくら」言えばC60
鉄道写真を撮り始めた頃
九州には3本のSL牽引ブルートレインが残っていたのですが
すでに鹿児島本線の電化工事が急ピッチで進行中、
まさに風前の灯火と言う言葉がピッタリ。
駆け出しの若い「撮り鉄」はたいした情報も持たず
博多駅へ馳せ参じました。
この時の写真はもう何度もこのBLOGに紹介していますが
何度見てもあの時の一途な思いが蘇ります。

博多までの電化区間を牽いてきたED73から蒸気機関車にバトンタッチ
「さくら」「みずほ」「はやぶさ」がそれぞれC60、C59、C61と
蒸気機関車歴史のアンカーたち3形式が次々と
雄々しく、力強く発進して行く一時間のドラマは
今も忘れることがありません。

時すでに末期であったため、電化ビームが目障りですけど
大型蒸気機関車の最後の花道にギリギリ間に合って
「ラッキーでした!」という他はありません。
e0019563_13263872.jpg

[PR]
by mypac | 2015-04-05 13:26 | Comments(0)
<< 追憶ブルートレインC60「さくら」 追憶ブルートレイン「さくら」の... >>