とうとうここまで
ペンタックスDsはこのクラスとしてはファインダーのよさが特筆できます。
古いMFレンズも便利に使えます。
しかし、昔から一眼レフを使っていた方は知ってますよね。
各社で多少の違いはあれども、ピント合わせはスプリットイメージと言う方法が主体でした。
ペンタックスの標準フォーカシングスクリーンは中央がスプリットイメージ、
その外側にマイクロマットをドーナツ状に配した物でした。
今日はそのスクリーンと交換しました。
e0019563_2071658.jpg

手前が35ミリフルサイズのスクリーンです、ピンセットで掴んでいるのが
Dsから取り外したスクリーンです、大きさが約半分ですね。
今回入手したのはペンタックスAF機SFXの標準スクリーンでAF用ですから全面マットで
これと交換しても何のメリットもありません。
Dsに供出するのはその当時、主力機だったLXのスクリーンです。
LXからスクリーンを取り出したままではあまりにも名機LXが可哀想ですので、
今回入手したフルサイズ全面マットをLXに装着して、LXのスプリットマイクロマットスクリーンを
Dsのサイズに加工して使いました。
e0019563_2016711.jpg

切り取り寸法の目安をマスキングテープをカットして貼った状態です。
スクリーンはマイクロマット(微細なピラミッド状の四角錘が並んでいる)などの
微細な形状を成形するために、極めて流動性の良いプラスチック製です。
すなわち硬度が低くて傷が付きやすいです。
結果的に、このマスキングテープを貼ったのは失敗。
隙間に入った削りカスがテープの糊成分を吸着してこびりついたようになり
慎重に清掃しましたが若干残りました。

e0019563_2024371.jpg
e0019563_20244521.jpg

スクリーンを交換した後のファインダーの状態です。
撮影時に不精したので(スクリーンの加工にエネルギーを使い果たしました)
手ぶれしてます。
上がピントがずれている状態、
下が合焦した状態です。
これで、ミノルタアルファ旋風が吹き荒れたAF創生期より前の状態になりました。
古いMFレンズのピント合わせがめちゃくちゃ楽になりました。
ピント精度はまだ正確に確認していませんが、Dsの合焦サインとは大体合っています。
心配したAEの誤差はプラス0.5段あるかないと言ったところなので
しばらくはヒストグラムを見ながら癖を掴めば大丈夫でしょう。

カメラとかレンズとかばかり相手にして、被写体とは向き合ってません、
これって写真趣味なんでしょうか、
カメラ趣味なんでしょうかね。
[PR]
by mypac | 2005-12-24 20:36 | 中古レンズ | Comments(5)
Commented by マッキーマック at 2005-12-24 22:46 x
>各社で多少の違いはあれども、ピント合わせはスプリットイメージと言う方法が主体でした。

父親が持っていたカメラだったのかどうかは定かではないのですが、中学生の頃に「スプリットイメージ」のカメラを使わせてもらったことがあります。
ピント合わせがわかりやすくて、その頃に「すげーなー、これ」と思った記憶がよみがえってきました。
最後の2枚が私の頭の中のイメージと同じもので、なつかしいというより嬉しくなりました。
何かうまく表現できませんが、懐かしいものに出会ったような驚きとうれしさがこみ上げてきました。
もしかしたらそれが一眼との出会いだったのかもしれませんね。
ありがとうございました。なんかすっきりしました。スッキリ、スッキリ(^_^)v
Commented by tusima-kaji at 2005-12-25 12:09
正直これはカメラ趣味ですね(笑)、よくぞここまでやりますねって
感じ、しかしスプリットjメージのピント合わせは合理的でいいですね。

↓E300のZD14-45/3.5-5.6で撮られた2枚の画像は
シャープでいいですね、これとRIKEN8のソフトマクロの2台が
あればかなりの作品が来たい出来そうです。

ソロソロ写真趣味に切り替えるのも必要かと...^_^;
Commented by yukidarumapippi at 2005-12-25 23:23
去年ぴっぴの父が亡くなったのですが、その父が使っていたカメラがペンタックスの 「アサヒペンタックス・スポットマチック」 です。 
長いこと、しまいっ放しだったので、レンズもカビが生えてしまってて。。。
でも、古いカメラをオーバーホールしてくれるところを見つけたので、今お願いしています。
ここのブログを見て、カメラのことをいろいろ知りたいです。
Commented by mypacヒロリン at 2005-12-26 09:37 x
kajiさん
一日に2回も更新してしまいました。
カメラ趣味と言うより、病気かも知れませんね、
でも多分、重症ににはならないと思います、
医者代が限られてますので``r(^^;)ポリポリ

kajiさんに、お尻を叩かれて、昨夜写真趣味に行ってきました。
大阪中ノ島の光のルネッサンスですけど、メイン会場には入れませんでした、最終日だったせいか人が多かったです。


Commented by mypacヒロリン at 2005-12-26 09:46 x
ぴっぴさん
ペンタックススポットマチックはペンタックスの名を一気に押し上げた名機です。
自分も使っていました、たくさんの蒸気機関車を撮りました。
思い出の詰まった、うちの永久保存機です。
オーバーホールをされたら一度フィルムを通して撮ってみるといいですよ。
多分、お父さんが語りかけてくると思います。
金属のひんやりした感触が主人の体温を手のひらから吸収して
温まって一体になる感じがなんとも言えません。
お父さんが味わった感触をぜひ感じてみてください。
<< 中ノ島光のルネッサンス 比較してみると >>